ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

泥のように眠るためにホットミルクは効果的か?

泥のように眠るために、寝る前にホットミルクを飲むという人も多いでしょう。しかし、最新の研究によって一般的にいわれる泥のように眠る方法には、実際には効果がないものがあることがわかってきました。はたして、ホットミルクは泥のように眠るために効果的なのでしょうか?



泥のように眠るためにホットミルクは効果的か?

泥のように眠る効果は15時間かかる

世の中には睡眠に関して誤った情報が蔓延しています。一般的にいわれる泥のように眠る方法にも、間違ったものがあります。そこで、泥のように眠る方法が正しいかどうかを見ていきましょう。

泥のように眠る方法としてよく知られているのが、寝る前に飲む1杯のホットミルクです。たしかに、ホットミルクはリラックス効果があるように感じるもの。しかし、ホットミルクはあまり効果がありません。

これまでは牛乳に含まれている成分が、眠気を促進してくれるホルモンになるといわれてきました。しかし、その変化には15時間もかかることが最新の研究で判明したのです。このため寝る前に飲んでも泥のように眠る効果はないのです。

泥のように眠ることで成長ホルモン

泥のように眠るために、寝る前に携帯電話を見ないほうがよいという話も聞いたことがあるはず。携帯電話の光が睡眠の妨げになるといわれてきました。しかし、問題は光よりも情報。脳が刺激され、睡眠を妨げてしまうのが真相です。

お肌のゴールデンタイムは夜10時から深夜2時なので、その時間に眠ると肌によいという話もあります。その時間帯に成長ホルモンが分泌されるため、美肌によいというものです。しかし、実際は眠る時間帯はあまり重要ではありません。

成長ホルモンは決まった時間に分泌されるのではなく、最初の深い眠りが出たときに分泌されるもの。それが夜10時から深夜2時のあいだに訪れることが肝心です。眠る時間を気にしすぎては逆効果。自分のペースで泥のように眠ることが、成長ホルモン分泌につながるのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事