ナイス!シニア

40代からの医療情報…現役看護師が監修

新着記事

慢性硬膜下血腫による認知症は治る可能性アリ!

アルツハイマーなどの3大認知症が有名ですが、それ以外にも認知症状を出すものがあります。「軽く頭をぶつける」「しりもちつく」などの些細な衝撃で、記憶をなくすなどの認知症が「慢[…続きを読む]

三叉神経痛の痛みは手術で根本的になくせる

洗顔・化粧・歯磨き・ひげそりのときや、噛んだり冷たい水を飲んだときに、一瞬の走るような顔の痛みを感じることはありませんか? それは「三叉神経痛」かもしれません。この三叉神経[…続きを読む]

痛風を食事で治すにはプリン体だけでは不十分

痛風を治すには尿酸値を基準値以下にすることが先決です。そして、尿酸値対策といえばプリン体オフの食事。分解されると尿酸に変化するため、プリン体を多く含む食品を避けるのが痛風を[…続きを読む]

年齢と重ねるごとに「脳」は弱っていくもの。放っておくと脳の老化は進むばかりです。そこで、脳を活性化できる簡単トレーニングを紹介しましょう。「一週間前の昼ごはん」を思い出すよ[…続きを読む]

65歳以上の4人に1人が認知症と認知症予備軍といわれています。その認知症の中でも、もっとも多いのが「アルツハイマー病」です。アルツハイマーの最大の特徴は記憶障害にあります。[…続きを読む]

ひざの治療の手術で、すごい技術革新がおこっています。「ひざ痛」の手術でもっとも一般的なのは「人工関節」ですが、強度の問題で手術後は走ったり正座したりできなくなります。変形性[…続きを読む]



胸やけを訴えると、最初に処方されるのは「胃酸を抑える薬」。その薬が効かない人がじつに40%もいるのです。これこそが「ニュータイプの胸やけ」になります。暴飲や暴食や胃弱とは関[…続きを読む]

誰もが被害に遭う可能性がある「ひったくり」。歩行者の手持ちや自転車の前カゴ入りのバッグを狙って、奪って逃走する犯罪行為です。犯罪心理学を考えたこのひったくりの防犯対策を紹介[…続きを読む]

コレステロールの数値で大切なのは、数値の高さよりも「LH比」です。コレステロールのLH比が「2」以下になるようにしなければなりません。それではなぜ、コレステロール値では「L[…続きを読む]

加齢とともに骨がもろくなっていく骨粗鬆症の検査を、自宅で簡単に行う方法があります。骨粗鬆症の予防法とともに検査の方法を紹介しましょう。身の回りにある壁や柱を利用するだけで骨[…続きを読む]


おすすめ記事

皮膚がんは3種類ある!メラノーマだけじゃない
皮膚がんというとメラノーマが思い浮かびますが、じつは大きく3つの種類があります。皮膚がんのうち、もっとも悪性のがんとして怖れられているのがメラノーマといわれる色素細胞のがん[…続きを読む]
メラノーマの進行速度は全部が早いわけではない
メラノーマはすべてが進行速度が早く、転移も早いとは限りません。じつはメラノーマは大きく2つに分けられます。そして、進行速度が遅いタイプのメラノーマは比較的、年をとった人にで[…続きを読む]
梨状筋ストレッチを仰向けでやる2つの方法
加齢とともに硬くなってしまうのが梨状筋。梨状筋はお尻の奥にあるインナーマッスルです。この梨状筋のあいだを通っているのが坐骨神経。梨状筋が硬くなってしまうと坐骨神経を刺激して[…続きを読む]
急性肺炎は1週間で死に至る危険もある病気
肺の病気といえば肺炎ですが、じつは近年、新しいタイプの肺炎が増加しています。それが「急性肺炎」。年齢や性別を問わず、最悪の場合は1週間で死に至る危険のあるのです。『主治医が[…続きを読む]
食べてすぐ寝ると「肌が荒れる」って知ってた?
「食べてすぐ寝ると太る」ことは聞いたことがあるはず。「寝不足で肌が荒れる」のも理解できます。それを組み合わせた「食べてすぐ寝ると肌が荒れる」のはご存じでしたか? 十分に睡眠[…続きを読む]