ナイス!シニア

40代からの医療情報…現役看護師が監修

新着記事

免疫力を高める超ソフトタッチの歯磨き法

歯磨きのやり方によっては免疫力を高めることができます。それが超ソフトタッチのブラッシング法です。。1回30分かけて行うという、その驚きの歯磨き法のやり方を詳しく紹介しましょ[…続きを読む]

足の臭いを除去するなら丸めた新聞紙

足の臭いは、足でかく汗が臭いわけではありません。放置した汗と皮脂によって細菌が繁殖することが、足の臭いの原因になります。すなわち、足の臭いを予防するなら細菌の繁殖を防ぐこと[…続きを読む]

ほくろをレーザー治療しても再発してしまう

ほくろ除去ではどんな治療が行われるのでしょう? そこで除去されたほくろは再発しないのでしょうか? ほくろに悩む人が多く訪れる病院で、その治療の様子を見せてもらいました。『た[…続きを読む]

ミョウバン水の作り方!脇汗の臭いを予防

臭いの予防法は次の3つに集約できます。「細菌の繁殖を防ぐ」「過剰な皮脂の分泌を抑える」「汗そのものの質を変える」の3つ。なかでも有効なのは、細菌の繁殖を防ぐことです。そこで[…続きを読む]

顔のほくろは隠すのではなく誘目色を使う

顔のほくろをファンデーションなどで目立たなくすることなく、相手に気づかせないワザがあります。顔のほくろは隠すのではなく「誘目色」を使うのが効果的だったのです。『ためしてガッ[…続きを読む]

汗が臭いのではなく古くなった汗が臭くなる

汗が臭いとよく言いますが、本来は汗は無臭です。じつは汗が臭いのではなく、古くなった汗で細菌が繁殖して、それが臭いの原因となるのでした。これは足の臭いも同じこと。足の汗が臭い[…続きを読む]



尿酸値を下げるならプリン体オフより果糖控えめ

痛風だけでなく心筋梗塞などを引き起こす「尿酸値」。尿酸値を下げるには、プリン体が多く含まれている食品に注意するだけでは足りません。プリン体よりも注意すべき食品がいっぱいある[…続きを読む]

プリン体とは尿酸値にあまり関係がなかった

痛風といえば「プリン体」。プリン体は分解されて尿酸に変化するからです。尿酸値を下げるためにプリン体を制限している人も多いはず。しかし、尿酸値を下げるにはもっと大切なことがあ[…続きを読む]

尿酸値が高い人は心臓病の死亡リスクが2倍高い

尿酸値が高いながら痛風が発症していない人は「高尿酸血症」という立派な病気。動脈硬化や心筋梗塞の原因となる危険があります。じつは尿酸値が高い人は心臓病の死亡リスクが2倍も高い[…続きを読む]

尿酸の結晶が見たければ鳩のフンを見ればよい

痛風の患者数は96万人。そして、痛風一歩手前という人たちが1100万人もいると推定されています。痛風一歩手前といっても安心してはいけません。尿酸の結晶はすでに足に溜まってい[…続きを読む]


おすすめ記事

耳くそはとっちゃダメ!耳垢栓塞で難聴になる
じつは、耳くそをとる耳かきは危険な行為です。耳鼻科医のほとんどは怖くてやっていません。耳くそをとると耳垢栓塞という病気になって、難聴になってしまうかも知れません。『駆け込み[…続きを読む]
皮膚がんは3種類ある!メラノーマだけじゃない
皮膚がんというとメラノーマが思い浮かびますが、じつは大きく3つの種類があります。皮膚がんのうち、もっとも悪性のがんとして怖れられているのがメラノーマといわれる色素細胞のがん[…続きを読む]
メラノーマの進行速度は全部が早いわけではない
メラノーマはすべてが進行速度が早く、転移も早いとは限りません。じつはメラノーマは大きく2つに分けられます。そして、進行速度が遅いタイプのメラノーマは比較的、年をとった人にで[…続きを読む]
梨状筋ストレッチを仰向けでやる2つの方法
加齢とともに硬くなってしまうのが梨状筋。梨状筋はお尻の奥にあるインナーマッスルです。この梨状筋のあいだを通っているのが坐骨神経。梨状筋が硬くなってしまうと坐骨神経を刺激して[…続きを読む]
急性肺炎は1週間で死に至る危険もある病気
肺の病気といえば肺炎ですが、じつは近年、新しいタイプの肺炎が増加しています。それが「急性肺炎」。年齢や性別を問わず、最悪の場合は1週間で死に至る危険のあるのです。『主治医が[…続きを読む]