ナイス!シニア

40代からの医療情報…現役看護師が監修

新着記事

人間の細胞には「核」という球状の構造があります。核は「細胞小器官」の一つで、遺伝に関する情報をDNAとして格納。このDNAが連なって遺伝子が形作られるのです。核以外の部分が[…続きを読む]

衰えた神経幹細胞を若返らせ、脳などで情報を伝達する神経細胞「ニューロン」を再び作り出させることに成功しました。慶応大学と理化学研究所の研究チームによるものです。認知症のみな[…続きを読む]

「野菜不足になると口内炎ができる」といわれたりするように、体調の変化が真っ先に現れやすいのが「口」です。なかでも東洋医学では「舌は内臓の鏡」とも呼ばれ、舌の色や形などを観察[…続きを読む]

こむら返りの原因はマグネシウム不足

ふくらはぎの筋肉が収縮しておこる「こむら返り」。筋肉を酷使すると痙攣しやすくなるので、運動中などこむら返りは原因が特定できます。しかし、運動したわけでもないのにこむら返りが[…続きを読む]

αリポ酸の抗酸化作用

老化とは体が酸化すること。アンチエイジングには酸化を抑える抗酸化作用のある食品やサプリメントを摂ることが基本になります。じつは「αリポ酸」の抗酸化作用はビタミンCやビタミン[…続きを読む]

酸化は連鎖する

酸化が人間の体内でおこると、それは老化です。酸化反応が体内でおこることで細胞や遺伝子の性質が変化して、老化現象が引き起こされます。しかも酸化した細胞は、ほかの細胞を酸化しよ[…続きを読む]



活性酸素は生きている限り発生

老化の原因となる活性酸素は、人間の体の中で常に発生するもの。生きている限り、発生せざるをえない理由があります。活性酸素が発生するメカニズムを見ていくとともに、大量に発生する[…続きを読む]

健康寿命を縮める「メタボ・ロコモ・認知症」

健康寿命とは病気やケガ、寝たきりや認知症など、介護が必要な状態になることなく、健康で自立して暮らせる期間のこと。それでは、寝たきりにならず健康寿命を延ばすためにはどうすれば[…続きを読む]

ルテインは目の老化を予防

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種。植物が光合成を行うときに必要な色素です。人間の体内では、網膜の黄斑部という場所に多く存在して、目の健康を保っています。[…続きを読む]

フリーラジカル対策はアンチエイジングの基本

フリーラジカルとは、危険な性質を持つ分子や原子のこと。私たちの身体のあちことで発生していて、正常な分子や原子を攻撃します。そして、攻撃された分子や原子は本来の性質とは変わっ[…続きを読む]


おすすめ記事

耳くそはとっちゃダメ!耳垢栓塞で難聴になる
じつは、耳くそをとる耳かきは危険な行為です。耳鼻科医のほとんどは怖くてやっていません。耳くそをとると耳垢栓塞という病気になって、難聴になってしまうかも知れません。『駆け込み[…続きを読む]
皮膚がんは3種類ある!メラノーマだけじゃない
皮膚がんというとメラノーマが思い浮かびますが、じつは大きく3つの種類があります。皮膚がんのうち、もっとも悪性のがんとして怖れられているのがメラノーマといわれる色素細胞のがん[…続きを読む]
メラノーマの進行速度は全部が早いわけではない
メラノーマはすべてが進行速度が早く、転移も早いとは限りません。じつはメラノーマは大きく2つに分けられます。そして、進行速度が遅いタイプのメラノーマは比較的、年をとった人にで[…続きを読む]
梨状筋ストレッチを仰向けでやる2つの方法
加齢とともに硬くなってしまうのが梨状筋。梨状筋はお尻の奥にあるインナーマッスルです。この梨状筋のあいだを通っているのが坐骨神経。梨状筋が硬くなってしまうと坐骨神経を刺激して[…続きを読む]
急性肺炎は1週間で死に至る危険もある病気
肺の病気といえば肺炎ですが、じつは近年、新しいタイプの肺炎が増加しています。それが「急性肺炎」。年齢や性別を問わず、最悪の場合は1週間で死に至る危険のあるのです。『主治医が[…続きを読む]