ナイス!シニア

40代からの医療情報…現役看護師が監修

新着記事

東京医科歯科大学整形外科の宗田大教授は「ひざ痛」治療のエキスパート。足の曲げ伸ばしがつらくて正座ができない患者を「お皿のストレッチ」をするだけで、正座できるようにしてしまい[…続きを読む]

「ひざ痛」の新しい改善法を編み出したのは順天堂大学の特任教授・黒沢尚さん。黒沢さんいわく「ひざの痛みをとるエッセンスが詰まった方法」とのことです。かなり強い痛みでも簡単な方[…続きを読む]

近年、長引く腰痛の意外な元凶として集めているのが「脊髄終糸症候群」。別名「新型腰痛」とも呼ばれている病気です。その特徴と治療法を見ていきましょう。脊髄終糸症候群はひとたび診[…続きを読む]

いくら病院で治療を受けてもなかなか治らない腰の痛み…。ここ十数年の間に、ようやく世界中の整形外科にその名が知られ始めた「新型腰痛」があります。それが「脊髄終糸症候群」です。[…続きを読む]

腰痛の新原因として注目されているのが「股関節の異常」です。そもそもこの股関節の異常はなぜおきてしまうのでしょうか? じつは骨盤にその原因があったのです。骨盤のタイプや傾斜に[…続きを読む]

現在「糖尿病」の患者数は予備軍を含めると約2050万人。40代以上の4人に1人は、この病気の可能性があるといいます。この糖尿病が原因でおきる「しびれ」を見分ける方法を紹介し[…続きを読む]



「危険なしびれ」を放っておくことによって「手足の切断」の可能性もあったという実例を紹介しましょう。そこに潜む危険な病気は「糖尿病」です。合わせて、危険なしびれを見分けるポイ[…続きを読む]

「狭心症」の症状が、心臓ではなく腕などのしびれとなって現れるケースがあるといいます。その仕組みを解説するとともに、そのしびれが狭心症が原因かの見分け方を紹介しましょう。『主[…続きを読む]

腕や足に「しびれ」があっても、半数以上の人が病院には行っていないとか。しかし、放っておくと大変なことになる「危険なしびれ」もあるのです。実例とともに「危険なしびれ」を見分け[…続きを読む]

中高年に多く発症して「手足のしびれ」「歩行障害」を引き起こし、寝たきりになってしまう危険もある「頚椎症性脊髄症」。そこで「手足のしびれ」が本当に「頚椎症性脊髄症」かどうかを[…続きを読む]


おすすめ記事

耳くそはとっちゃダメ!耳垢栓塞で難聴になる
じつは、耳くそをとる耳かきは危険な行為です。耳鼻科医のほとんどは怖くてやっていません。耳くそをとると耳垢栓塞という病気になって、難聴になってしまうかも知れません。『駆け込み[…続きを読む]
皮膚がんは3種類ある!メラノーマだけじゃない
皮膚がんというとメラノーマが思い浮かびますが、じつは大きく3つの種類があります。皮膚がんのうち、もっとも悪性のがんとして怖れられているのがメラノーマといわれる色素細胞のがん[…続きを読む]
メラノーマの進行速度は全部が早いわけではない
メラノーマはすべてが進行速度が早く、転移も早いとは限りません。じつはメラノーマは大きく2つに分けられます。そして、進行速度が遅いタイプのメラノーマは比較的、年をとった人にで[…続きを読む]
梨状筋ストレッチを仰向けでやる2つの方法
加齢とともに硬くなってしまうのが梨状筋。梨状筋はお尻の奥にあるインナーマッスルです。この梨状筋のあいだを通っているのが坐骨神経。梨状筋が硬くなってしまうと坐骨神経を刺激して[…続きを読む]
急性肺炎は1週間で死に至る危険もある病気
肺の病気といえば肺炎ですが、じつは近年、新しいタイプの肺炎が増加しています。それが「急性肺炎」。年齢や性別を問わず、最悪の場合は1週間で死に至る危険のあるのです。『主治医が[…続きを読む]