ナイス!シニア

40代からの医療情報…現役看護師が監修

新着記事

狭心症が心電図検査だけでは見つからない

狭心症は突然死もある重大な病気が、健康診断の心電図検査では見つかりにくい病気。発作中の心電図をとらなければ狭心症は見つかりません。そもそも健康診断は心臓の病気は見つけられな[…続きを読む]

ほくろはレーザー治療でも再発

美容整形が一般的になったいま、ほくろの除去もかなりポピュラーになりました。しかし、ほくろはレーザー治療でも再発するのが通常なのだとか。なぜレーザー治療したほくろが再発するの[…続きを読む]

徐脈性不整脈の症状はペースメーカーで治療

徐脈性不整脈の症状はどうすれば治療できるのでしょう? じつは徐脈性不整脈はリハビリでも治りません。また、薬で治るようなものでもありません。徐脈性不整脈の症状はペースメーカー[…続きを読む]

「ほくろ」と「癌」の見分け方

足の裏のほくろはじつは癌では…と心配になったことは誰でもあるはず。そこで「ほくろ」と「癌」を見分ける方法を紹介しましょう。なかでも、もっとも簡単な見分け方は、線を引いて左右[…続きを読む]

膵臓の働きはインスリン製造と血糖値のモニター

膵臓には膵液を作る細胞とは異なる細胞の集まりが、まるで島のように存在しています。インスリンはこの島に存在するβ細胞と呼ばれる細胞で合成されるもの。そして膵臓には、体の中で唯[…続きを読む]

こむら返りの原因は糖尿病かも

睡眠中のこむら返りはマグネシウム不足が原因といわれますが、一晩に2~3回もおこるときは注意が必要。こむら返りの原因はもしかして糖尿病かもしれません。また、服用している薬によ[…続きを読む]



心停止は9割の人におきている

脈とびで心臓が一時停止することで、物忘れがおきることがわかってきました。この脈とびは、どれくらいの頻度でおこるものなのでしょうか? なんと知らないうちに9割の人に心停止はお[…続きを読む]

ストレートネックをタオル枕で改善

ストレートネックや猫背による肩こりに悩んでいる人は多いもの。そんな人には、バスタオルを利用して作る「タオル枕」がおすすめです。タオル枕でストレートネックの症状が劇的に改善し[…続きを読む]

食物繊維のとりすぎはゴボウに注意

日本人女性の3割が悩んでいるといわれる便秘。便秘を解消しようと、ふだんから食物繊維が多い食材を食べる努力をしている人も多いでしょう。しかし、ゴボウやサツマイモを食べすぎると[…続きを読む]

食物繊維は野菜ジュースにすると半分以下

健康のために、食事の飲みものを野菜ジュースにするという人は多いのでは? しかし野菜ジュースは実際に使用した野菜の量に比べると、ほとんどの栄養素は少なくなってしまいます。さら[…続きを読む]


おすすめ記事

耳くそはとっちゃダメ!耳垢栓塞で難聴になる
じつは、耳くそをとる耳かきは危険な行為です。耳鼻科医のほとんどは怖くてやっていません。耳くそをとると耳垢栓塞という病気になって、難聴になってしまうかも知れません。『駆け込み[…続きを読む]
皮膚がんは3種類ある!メラノーマだけじゃない
皮膚がんというとメラノーマが思い浮かびますが、じつは大きく3つの種類があります。皮膚がんのうち、もっとも悪性のがんとして怖れられているのがメラノーマといわれる色素細胞のがん[…続きを読む]
メラノーマの進行速度は全部が早いわけではない
メラノーマはすべてが進行速度が早く、転移も早いとは限りません。じつはメラノーマは大きく2つに分けられます。そして、進行速度が遅いタイプのメラノーマは比較的、年をとった人にで[…続きを読む]
梨状筋ストレッチを仰向けでやる2つの方法
加齢とともに硬くなってしまうのが梨状筋。梨状筋はお尻の奥にあるインナーマッスルです。この梨状筋のあいだを通っているのが坐骨神経。梨状筋が硬くなってしまうと坐骨神経を刺激して[…続きを読む]
急性肺炎は1週間で死に至る危険もある病気
肺の病気といえば肺炎ですが、じつは近年、新しいタイプの肺炎が増加しています。それが「急性肺炎」。年齢や性別を問わず、最悪の場合は1週間で死に至る危険のあるのです。『主治医が[…続きを読む]