ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

泥のように眠るためのストレッチは深部体温が鍵

「布団に入ってもなかなか寝付けない」「夜中に何度も目が覚める」…睡眠不足は疲れが溜まるだけではなく、さまざまな病気の原因になるといわれているもの。そんな睡眠の悩みをストレッチで解決する方法があります。それは泥のように眠るためのストレッチ。泥のように眠るためには深部体温が鍵を握ります。



泥のように眠るためのストレッチは深部体温が鍵

泥のように眠ることができない原因

人間の体温には2つの種類があります。1つは体の表面の皮膚温度。もう1つは、体の内部の深部体温です。この深部体温が睡眠に深く関係しています。

この深部体温が1回ピークを迎えて、そのあとに下がっていく過程のなかで眠気が出てくるのです。深部体温は1日を通して、決まったリズムで変動しています。たとえば午前7時に起床した場合、11時間ほどたった午後6時ごろがピーク。この深部体温が下がっていく過程で生まれるのが眠気なのです。

そして、泥のように眠ることができない原因の1つに、深部体温のピークが作れていないことがあります。深部体温がうまく上がったり下がったりできていない可能性があるのです。

泥のように眠る流れを作るストレッチ

睡眠に悩みを持つ人は深部体温のリズムが乱れ、夕方にピークを作れていない場合が多いといいます。このため、夕方くらいから少し深部体温に意識を向けて、やれることをやっていくことが泥のように眠るための準備になるのです。

具体的には、泥のように眠る流れを作るために夕方にストレッチで深部体温をグッと上げてピークを作ること。これがぐっすり眠るためのストレッチのポイントなのです。

加えて、寝る前にもう一度、ストレッチによって深部体温を少し上げることで、体温が下がる落差を広げます。それが寝る前の2時間前と、1時間半前。1日3回のストレッチで、泥のように眠ることができるのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事