ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

泥のように眠るための秘密は就寝3時間後にある

泥のように眠るための秘密は就寝3時間後に訪れるノンレム睡眠です。人間は睡眠中、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しています。そして、就寝して3時間以内のタイミングでノンレム睡眠がしっかりとれるかどうかが泥のように眠る条件なのです。泥のように眠るメカニズムを見ていきます。



スポンサーリンク
泥のように眠るための秘密は就寝3時間後にある

泥のように眠るノンレム睡眠

人間は睡眠中、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しています。レム睡眠は浅い眠りで、体は休んでいても脳は起きている状態です。夢を見るのはレム睡眠のときのほうが多いといわれます。

レム睡眠のレムは「Rapid Eye Movement」の略。急速な眼球運動という意味です。レム睡眠中は体は休んでいても脳が起きているため、目玉がキョロキョロと動くのです。

一方のノンレム睡眠は深い眠りで、脳が唯一休めるタイミングになります。このとき体は免疫力を高めたり、傷ついた細胞の修復などを実行。泥のように眠ることはノンレム睡眠と深く関わっています。

泥のように眠るための深い眠り

ノンレム睡眠は、就寝してから3時間以内に多く出現。すなわち人間は就寝してからの3時間で、体を修復したり脳を修復したりしているわけです。後半の睡眠はレム睡眠が中心で、夢を見る浅い眠りになります。

一方、レム睡眠では行っているのがおもに心のメンテナンス。ノンレム睡眠が「脳」と「体」、いわばレム睡眠が「心」のメンテナンスを行っているということ。それぞれ役割が違っているのです。

そして、泥のように眠るとは深い眠りをしっかりとっているということ。つまり、泥のように眠るとは就寝してから3時間以内におこるノンレム睡眠がしっかりとれていることを現しているのです。

■「泥のように眠る」おすすめ記事
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
泥のように眠るための理想の寝返り回数は20回
泥のように眠ると寝酒で寝つきがよくなるは違う
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事