ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

泥のように眠るためにアイマスクは使っちゃダメ

泥のように眠るためにはさまざまなNG行為があります。しかも、多くの人がよかれと思ってやっていることが、泥のように眠る障害となる場合があるのです。その一例がアイマスク。視界を真っ暗にしたほうが泥のように眠れそうですが、真っ暗闇は逆に脳が暴れ出してしまうのでした。



スポンサーリンク
泥のように眠るためにアイマスクは使っちゃダメ

泥のように眠るために寝酒はNG

泥のように眠るためにアイマスクをするのはNG。脳を静かに活動させるためには、アイマスクはしないほうがよいでしょう。少しまぶたを通じて明かりが入るくらいにしておくと、脳がずっと静かに活動してくれます。

泥のように眠るために寝酒を飲むのもNGです。たしかに寝酒は、寝つきをよくする効果はありますが、睡眠の質は逆に下がってしまいます。「睡眠時間の割に疲れがとれない」という人は、寝酒をやめたほうがよいでしょう。

じつは世界各国の寝酒する人の割合を調べてみると、日本は寝酒をする人の割合が高い国なのです。世界的に見ても、寝酒は泥のように眠るためにはよくない行為と考えられているのかもしれません。

泥のように眠るなら靴下を脱ぐ

泥のように眠るには、靴下を履いてベッドに入るNG。靴下を履いて温まるまではよいのですが、そのあと脱いで布団でひんやりと冷えていくことで、人間はよく眠ることができるからです。泥のように眠るには温度差が重要なのでした。

泥のように眠るにはマスクをして寝るのもNG。マスクによって湿度を保てると思いがちですが、マスク自体が呼吸の妨げになってしまうのです。しかも、マスクが皮膚に当たる部分がいつも同じ場合、色素沈着で黒ずむ可能性もあります。

泥のように眠るには枕の長さに注意しましょう。人間は一晩に寝返りを10回以上打っています。そのときに、ゴロンと転がって枕から頭が落ちてしまっては、泥のように眠ることができません。枕の長さは60㎝くらいは必要でしょう。

■「泥のように眠る」おすすめ記事
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
泥のように眠るための理想の寝返り回数は20回
泥のように眠ると寝酒で寝つきがよくなるは違う
泥のように眠るための秘密は就寝3時間後にある
泥のように眠るなら成長ホルモン分泌も忘れずに
泥のように眠るなら夕食前のりんご酢が効果的
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事