ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

泥のように眠るためのとっておきの3つの方法

泥のように眠るためには、夜に強い光を見るのはNG。しかし現代社会では、夜に強い光を見ないというのも難しいものです。そこで、泥のように眠るためのとっておきの3つの方法を紹介します。『主治医が見つかる診療所』の「睡眠ホルモンの出し方」で特集されていました。



スポンサーリンク
泥のように眠るための3つの方法

泥のように眠るための30分の日光浴

泥のように眠るための1つめの方法は「昼間に30分の日光浴」です。日中に明るい光をしっかり浴びると、夜に睡眠ホルモン分泌が減ることをストップすることができます。

実際に、昼間に太陽の光を30分以上浴びたグループと、昼間に太陽の光を浴びなかったグループに分けて、夜に500ルクスの明かりを見せて睡眠ホルモンの分泌がどのように減るかを比較した実験があります。すると、太陽の光を30分以上浴びたグループは睡眠ホルモンの分泌量が減らなかったのです。

ビジネスマンなら昼休みに外出して30分以上、光を浴びればOK。外出できなくても、日の光が差し込む窓際で30分以上過ごせば効果があります。

泥のように眠るために暖色系ライト

泥のように眠るための2つめの方法は「暖色系のライト」です。白い光と暖色系の光を比べると、白い光を見たほうが睡眠ホルモンの量が減ってしまいます。このため、夕方から夜にかけては暖色系のライトで過ごすのがよいのです。

すなわち部屋の照明は、蛍光灯などの白い光にするよりも、白熱灯などの暖色系にしたほうがよいということ。白い色の照明でも暖色のカバーをすれば暖色系に早変わり。睡眠ホルモンが減ることを防ぐことができます。

泥のように眠るための3つめの方法は「眠る1時間前の歯磨き」です。睡眠前の歯磨きは歯茎を刺激してしまい、一時的に睡眠ホルモンが減ってしまいます。このため、歯磨きするなら眠る1時間前がおすすめ。それまでに歯磨きを済ませば、一度減った睡眠ホルモンの分泌量が再び増え始めるのです。

■『主治医が見つかる診療所』
【睡眠ホルモンの出し方】

不眠症チェックリスト!12の質問ですぐ判定
メラトニン効果で不眠症が改善するメカニズム
不眠症を改善する睡眠ホルモンのメカニズム
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
不眠症の原因は食事の栄養バランスかもしれない
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
メンタルトレーナー考案の快眠法「感情日記」
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
不眠症を薬なしで改善する睡眠ホルモンの出し方

■「快眠」おすすめ記事
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事