ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

みんなの家庭の医学

内視鏡検査で見つけた良性ポリープはすぐに切除
伊豆七島の新島では、大腸がんが激減しました。それは新島で、大腸がん予防にとても効果的な方法が判明したため。大腸がん予防には、内視鏡検査でポリープをそのまま切除することが効果的なのです。『ためし[…続きを読む]
インフルエンザ予防には朝イチ歯磨きが効果的
インフルエンザや風邪が冬に流行するのは、ウイルスが低温で乾燥したものを好むため。ウイルスはそういった場所で活発に活動します。そんなインフルエンザを効果的に予防する方法を見ていきます。『駆け込み[…続きを読む]
インフルエンザと風邪の違いを見極めるポイント
インフルエンザの症状は風邪によく似ています。早めに見極めることが重症化を防ぐには重要です。そこで風邪とインフルエンザの症状の見分け方を紹介しましょう。『駆け込みドクター!』の「お医者さんに聞き[…続きを読む]
あいうべ体操なら口呼吸を鼻呼吸に改善できる
寝ているあいだは、口を閉じて鼻呼吸することが大切。口呼吸はウイルスや病原菌を侵入しやすくしてしまいます。そこで、口呼吸を鼻呼吸に改善する「あいうべ体操」を紹介しましょう。『主治医が見つかる診療[…続きを読む]
口呼吸チェックでインフルエンザを未然に防ぐ
口呼吸するとのどの粘膜が乾燥して、ウイルスや病原菌が侵入しやすくなります。寝ているあいだはしっかり口を閉じて鼻呼吸することが大切です。そこで、口呼吸かどうかをチェックする方法を紹介します。『主[…続きを読む]
風邪予防に免疫力の低下をチェックする方法
風邪の原因の1つが「免疫力の低下」です。免疫力とは、人がウイルスなどに感染した際に防御する力。風邪予防に、その免疫力の低下を簡単にチェックする方法を紹介しましょう。『主治医が見つかる診療所』の[…続きを読む]


インフルエンザ対策にはうがいより「えんげ」
インフルエンザを一番多く発症している年代は「5~9歳」の子ども。そんな感染症にかかった子どもに触れる機会の多い小児科医が行っているインフルエンザ対策は、うがいより「えんげ」なのでした。『主治医[…続きを読む]
インフルエンザ予防は緑茶を飲むだけで効果アリ
インフルエンザは感染者の咳やくしゃみで放出された、空気中に漂っているウイルスから感染するもの。インフルエンザ流行中に人ごみなどに行く場合は、しっかりとマスクで予防しましょう。そして、より効果的[…続きを読む]
鼻水か鼻づまりかで使うべき花粉症の薬が違う件
花粉症は、いまや3人に1人が苦しんでいるという国民病。つらい鼻水や鼻づまりは春の風物詩ともいえます。最近では、眠気などの副作用が少ないなど、症状ごとに効果的な薬も増えています。そんな花粉症の薬[…続きを読む]
インフルエンザを予防する線毛細胞ってなんだ?
インフルエンザ予防といえば「手洗い・うがい・マスク」が基本です。ところが、インフルエンザを予防するために体の内面から変えてしまう秘策があるります。それが「線毛細胞」です。『ためしてガッテン』の[…続きを読む]

古い記事