ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

みんなの家庭の医学

転倒防止のために健康長寿が心がけてることは?
ちょっとした段差や何でもない場所で転倒してしまった経験はありませんか? しかし、ただのつまづきと思っていると深刻な事態になる恐れもあります。転倒して骨折すれば最悪、寝たきりになることもあるので[…続きを読む]
1日1分で肩こりが改善する背泳ぎストレッチ
健康長寿の人が日ごろ行っている運動の第2位が「水泳」です。そして、水泳をやっている人の多くの健康長寿が肩こりとは無縁の生活といいます。とはいえ、水泳をするにも近所にプールがないという人も多いで[…続きを読む]
高齢者が体操で体を柔らかくしておくべき理由
若いとき、体が硬いからといって生活上、不便を感じることはありません。体のなかの結合組織は加齢によって変性して、コラーゲンが減少していきます。筋肉は加齢とともにどんどん硬くなっていくのです。だか[…続きを読む]
正しい座り方をしないと首への負荷が5倍になる
正しい座り方をしないと肩や腰の筋肉が凝り固まって、肩こりや腰痛の原因となってしまいます。さらにひどくなると、影響は骨にまで及ぶのです。正しい座り方をしないと、圧迫骨折をおこすこともあります。と[…続きを読む]
ドライマウスで誤嚥性肺炎になるメカニズムとは
ドライマウスが高齢者の間で増えています。それは唾液蒸発型という新型のドライマウス。寝ている間に口が開いているためにおこります。そして、この新型のドライマウスが誤嚥性肺炎の原因となることがあるの[…続きを読む]
関節リウマチの治療は新薬登場で選択肢が広がる
関節リウマチは新薬が次々に登場して、治療の選択の幅が広がっています。しかも関節リウマチの治療に使われる新薬は関節の破壊を抑える効果が高く、患者の生活の質が大幅に改善しているのです。ただし、関節[…続きを読む]
過活動膀胱の治療で広がっている選択肢とは?
「過活動膀胱」は急に我慢できないほどの尿意をもよおし、漏らしてしまったり頻尿になったりする病気。膀胱が縮んで過敏に働くことでおこります。過活動膀胱に悩んでいる人は40歳以上で800万人を超える[…続きを読む]
脱腸の原因となる腹壁の穴は胎児の時代にできる
脱腸と聞くと腸がお尻から出た状態をイメージしがち。私たちのお腹の消化器は腹壁という筋肉の壁に包まれています。脱腸というのはその腹壁から消化器があふれ出ていることです。しかも、消化器系の外科手術[…続きを読む]
肩こり改善のための3つの「ゆがみ」リセット法
肩こりは元をただせば「ゆがみ」に原因があります。ゆがみでおこる肩こりは、マッサージなどで一時的に解消しても、根本的なゆがみをリセットしない限り再発してしまうもの。猫背が原因の肩こりなら、肩のゆ[…続きを読む]
腸にいい食べ物はヨーグルトと大根おろし納豆
腸は体の内側と外側の境界線。食道や胃は食べ物が通過するだけで、外側から栄養を吸収するのは腸だからです。だからこそ腸を常によいコンディションに保っておくことは大切。その意味で、腸は健康の源ともい[…続きを読む]

古い記事