ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

みんなの家庭の医学

αリポ酸の抗酸化作用
老化とは体が酸化すること。アンチエイジングには酸化を抑える抗酸化作用のある食品やサプリメントを摂ることが基本になります。じつは「αリポ酸」の抗酸化作用はビタミンCやビタミンEよりも強力。しかも[…続きを読む]
酸化は連鎖する
酸化が人間の体内でおこると、それは老化です。酸化反応が体内でおこることで細胞や遺伝子の性質が変化して、老化現象が引き起こされます。しかも酸化した細胞は、ほかの細胞を酸化しようとするのです。酸化[…続きを読む]
活性酸素は生きている限り発生
老化の原因となる活性酸素は、人間の体の中で常に発生するもの。生きている限り、発生せざるをえない理由があります。活性酸素が発生するメカニズムを見ていくとともに、大量に発生する活性酸素から身を守る[…続きを読む]
ルテインは目の老化を予防
ルテインは緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種。植物が光合成を行うときに必要な色素です。人間の体内では、網膜の黄斑部という場所に多く存在して、目の健康を保っています。ルテインには加齢黄斑[…続きを読む]
フリーラジカル対策はアンチエイジングの基本
フリーラジカルとは、危険な性質を持つ分子や原子のこと。私たちの身体のあちことで発生していて、正常な分子や原子を攻撃します。そして、攻撃された分子や原子は本来の性質とは変わってしまうのです。そし[…続きを読む]
抗酸化物質を摂れば老化は防げる
体の老化を防いでいつまでも若さを維持して健康でいるためには、体の老化を促進させるフリーラジカルから身を守る必要があります。そんなフリーラジカルを消去して体の酸化を防ぐのが「抗酸化物質」。抗酸化[…続きを読む]


老化の真犯人「活性酸素」の4つの種類
活性酸素とは酸素よりも反応性の強い、酸素由来の物質のことです。酸素よりも反応性の強いわけですから、酸化する力が酸素よりパワーアップしています。老化の原因になる活性酸素には4つの種類があって、な[…続きを読む]
マッサージしても治らない線維筋痛症の症状
全身に激しい痛みが生じるのが線維筋痛症の症状。血液検査などでも異常が見つからない、原因不明の病気です。そんな線維筋痛症の具体的な症状とその治療法を見ていきましょう。『ためしてガッテン』の「長引[…続きを読む]
骨粗鬆症の治療に牛乳は意味なし
中高年になると筋肉の衰えとともに気になるのが「骨」の衰えです。なかでも、骨密度が低下して骨折しやすくなる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を心配する人は多いでしょう。この骨粗鬆症の治療や予防に牛乳[…続きを読む]
肛門の唇並み感度のセンサーがオナラを出す
肛門からウンチが出ずにオナラだけ出せるのはなぜでしょうか? 便を制御するのは外肛門括約筋ですが、そこでは肛門の内側にあるセンサーも活躍。なんと唇に匹敵する感度を持っています。『ためしてガッテン[…続きを読む]

古い記事