ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

仙腸関節のストレッチは歩きながら体をねじる

仙腸関節は上半身と下半身をつなぐ重要な関節。ふだんから姿勢が悪いと仙腸関節の動きが悪くなり、何らかの刺激で腰痛を発症してしまいます。このため、腰痛の予防には、ふだんから仙腸関節をストレッチすることが大切です。歩きながら体をねじるとウォーキングで仙腸関節をストレッチしましょう。



仙腸関節のストレッチは歩きながら体をねじる

仙腸関節の動きが悪いと腰痛になる

仙腸関節とは、背骨の最下部となる仙骨と骨盤の腸骨とがつながっている関節。仙腸関節は、上半身と下半身をつなぐ重要なポイントです。体をビルに見立てると、柱が背骨だとしたら、その基礎部分となるのが仙腸関節になります。

関節といっても、仙腸関節の動きはわずか2~3mmほど。体の動きに合わせて前傾や後傾など非常に複雑な動きをしています。まるでビルの免震構造のように衝撃を吸収して、背骨のバランスをとっているのです。

しかし、ふだんから姿勢が悪いと仙腸関節の動きが悪くなってしまいます。すると、免震構造が働かずに、仙腸関節まわりの筋肉などで衝撃を受け止めなければなりません。すると、日常のちょっとした衝撃で筋肉を傷めて腰痛となるのです。

仙腸関節をストレッチする歩き方

腰痛というと腰の筋肉をマッサージする人がほとんどですが、その原因はもっと深い部分にあるというわけ。このため、腰痛予防にはふだんから仙腸関節がスムーズに動くようにストレッチしておくことが大切です。

仙腸関節のストレッチには、体を歩きながら体をねじるウォーキングが効果的。まずはあごを引いて、前かがみにならないように腰をできるだけ反るようにするのが歩き方の最大のポイントとなります。

重心は前側3割で後ろ側に7割くらい。この姿勢で歩くときに、できるだけ体をねじることが重要です。後ろの足で地面をけるときには、股関節が伸びるくらいにふくらはぎを意識。かかとで着地して、親指の付け根で蹴りましょう。これで5分間ほど歩くことで仙腸関節をストレッチできます。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事