ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法

日本人の8割が一度は経験するという「腰の痛み」は、もはや国民病ともいうべき疾患。そんな腰痛を治すなら「お尻ストレッチ」が効果的です。しかもテニスボールなどを使って、自宅で1人でもできるのがうれしいところ。さっそく、お尻ストレッチの方法を紹介しましょう。『深イイ話』の「話題の最新医療&健康法スペシャル」で紹介されていました。



スポンサーリンク
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法

お尻にボールを当てながら横向きに寝る

腰の痛みが治るお尻のストレッチに必要なのは「ボール」です。野球のボールやテニスボール、カラーボールなどを使ってお尻にある「梨状筋」のコリを取り除くのです。身の回りのアイテムでいろいろ試して、自分の好み硬さと大きさを見つけてください。

それでは、具体的なマッサージ方法を見ていきましょう。まずは腰骨の出っ張りからボール1個分下にボールを当てながら横向きに寝てください。その状態で小刻みに揺れながらお尻を刺激するのです。

ボールを当てるポイントは、自分で動きながらコリを探します。このとき、痛みを感じる場合はコリがあるということ。痛い人はゴムボールなど柔らかいボールを使って、コリをストレッチしていきます。

梨状筋はお尻の奥にある筋肉

試行錯誤を繰り返して腰の痛みが治った

じつはお尻は、腰の神経の通り道でもあるとともに、下半身・上半身の血液が滞るポイントです。お尻の梨状筋をほぐして血流がよくなると、痛みがやわらいで代謝も上がります。

この腰の痛みを治す「お尻ストレッチ」を考案したのは、長野オリンピックの金メダリスト・清水宏保さん。何回もオリンピックに出場している清水さんはハードなトレーニングで有名でした。そのため疲労がたまり「椎間板ヘルニア」と「腰椎分離症」を併発していました。

しかし、いくつもの病院を受診しても腰の痛みはまったく改善せず…。そして、さまざまな試行錯誤を繰り返した末、この「お尻」のストレッチにたどり着いたのです。しかもこのストレッチ、下半身の血流が一気に流れ出すので、腰痛だけでなく「冷え症」にも効果があります。

■「梨状筋」おすすめ記事
冷え性が治るツボ!梨状筋をボールでほぐす

■「腰痛」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
AKA博田法は腰痛患者の9割を治す実績を持つ
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
新型腰痛「脊髄終糸症候群」手術で完治する
注射も効かない腰痛は「一本の糸」が元凶!?
腰痛の新原因「股関節の異常」2つの原因

■「下半身の筋肉」おすすめ記事
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事