ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

AKA博田法で腰痛が10分で解消した症例とは

「AKA博田法」は、これまでにない画期的な方法で腰痛を治療します。その鍵となるのが仙腸関節。仙腸関節をを正常な動きに戻すことで、多くの腰痛が治るのです。そこでAKA-博田法で、30年来の腰痛がたった10分で劇的に解消した症例を詳しく見てみましょう。



スポンサーリンク
AKA博田法で腰痛が解消した症例

AKA博田法は腰痛を仙腸関節で治す

バレエ教室の先生をしている54歳の女性は30年以上、腰痛に悩まされています。しかも、いよいよ腰痛が仕事にも影響が出始めているとか。もはやバレエのジャンプができず、立っているだけでも痛いという状況です。

この女性は整形外科にも通院していて「第4腰椎すべり症」と診断されています。実際のレントゲン写真を見ると、腰椎の一部が不自然に飛び出している状態。このため、主治医からは手術を勧められているといいます。

AKA博田法は、そんな女性の最後の希望なのです。AKA博田法は、腰痛の原因が仙腸関節の機能障害にあるとする治療法。仙腸関節を動きを回復するだけで、さまざまな腰痛を解消することができるといいます。

AKA博田法で30年来の腰痛が解消

AKA博田法の治療を受ける女性は、まず仙腸関節の検査を受けます。仰向けの女性の足を片足ずつ、上に上げていきます。これで仙腸関節の動きをチェックするのです。女性の足は50度ほどしか足が上がりません。仙腸関節が正しく動かないために、足の可動範囲が狭まっているようです。

そして、いよいよAKA博田法の治療となります。横向きに寝かせた女性の腰に手を当てて、仙骨と腸骨を指先で探りながら、付近をソフトタッチでマッサージ。仙腸関節をゆるめていくことで、関節の動きをよくしていきます。

そして、治療を開始してから10分が経過。再び女性を仰向けにして再び足を持ち上げると、足は90度以上も上がりました。仙腸関節が正常な動きを取り戻したことで、足の可動域が大幅に広がったのです。

女性が立ち上がってみると、腰の痛みが全然ラクになっています。その場で、後ろに反ってみても大丈夫。バレエのジャンプをその場で始めても問題ありません。AKA博田法で30年来の腰痛がたった10分で解消してしまったのです。

■「AKA博田法」おすすめ記事
AKA博田法は腰痛患者の9割を治す実績を持つ

■「仙腸関節」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
仙腸関節の動きを手で確認する方法とは?
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防

■「腰痛」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
新型腰痛「脊髄終糸症候群」手術で完治する
注射も効かない腰痛は「一本の糸」が元凶!?
腰痛の新原因「股関節の異常」2つの原因
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
冷え性が治るツボ!梨状筋をボールでほぐす

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事