ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

腰痛を改善するには正しい姿勢が大切。そして、姿勢を保つにはインナーマッスルトレーニングがオススメです。そこで、脊柱起立筋と腸腰筋というインナーマッスルを鍛えるトレーニング方法を紹介します。12月1日週放送の『別冊主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

腰痛を改善するインナーマッスル

腰痛を改善するには、背筋を伸ばした正しい姿勢が大切です。上半身が前傾したり後傾したり、はたまた左右に傾くことで、腰には多大な負荷がかかります。その積み重ねが腰痛の原因だからです。

そして、姿勢を保つにはインナーマッスルトレーニングがオススメ。とくに脊柱起立筋という背骨周辺のインナーマッスルと、骨盤内の腸腰筋というインナーマッスルを鍛えるようにします。なお、腸腰筋は大腰筋と腸骨筋を合わせた名称です。

そこで、誰でもできる腰痛を改善するための、脊柱起立筋と腸腰筋を鍛えるインナーマッスルトレーニングを紹介しましょう。まずは立った姿勢からスタートです。手は腰に当ててください。

1日左右10回ずつで腰痛改善

片足を大きく前に踏み出したら、深く腰を落とします。落としきったら元の位置に戻ってください。続いて、反対の足を踏み込んで腰を落とします。これを左右で繰り返すのです。

ポイントは、背筋を伸ばして状態が垂直な姿勢を保ちながら行うこと。実際にやってみると、背骨近辺のインナーマッスルが使われていることを認識できるはずです。

回数としては1日左右それぞれ10回ずつ行えば十分でしょう。疲れたらやめるくらいでOKです。腰周りのインナーマッスルも鍛えられるので、腰痛改善につながります。

■「腸腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ

■「腰痛改善」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
冷え性が治るツボ!梨状筋をボールでほぐす

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事