ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

仙腸関節をストレッチするウォーキングのやり方

仙腸関節とは、背骨の末端である仙骨と骨盤の腸骨とを接続する関節。ほとんどの腰痛は、上半身と下半身をつなぐこの重要な関節である仙腸関節に原因があります。仙腸関節の動きが悪いと、ふとした動きで腰痛を発症してしまうのです。そこで、仙腸関節をストレッチするウォーキングのやり方を紹介しましょう。



仙腸関節をストレッチするウォーキングのやり方

仙腸関節はふだんからストレッチする

仙腸関節は、背骨の末端と骨盤が接する部分。いわば上半身と下半身をつなぐ重要な関節です。体をビルに見立てると、柱が背骨で、その土台となっていのが仙腸関節になります。

仙腸関節とはいうものの、その動きの範囲はわずか2~3mmほど。とはいえ、体の動きに合わせて非常に複雑な動きをしています。まるでビルの免震構造のように背骨のバランスを支えているのです。

そんな仙腸関節は、ふだんの悪い姿勢などから動きが悪くなってしまうことがあります。すると、日常のささいな行動で腰痛を発症。仙腸関節の免震構造が働かずに、筋肉を傷めてしまうのです。仙腸関節はふだんからストレッチする必要があります。

仙腸関節のストレッチは後ろに重心

そこで、日常生活に取り入れたいのが仙腸関節をストレッチするウォーキング。ふだんから仙腸関節をストレッチしておけば、動きが悪くなることもありません。

仙腸関節をストレッチするウォーキングは、あごを引いて腰をできるだけ反るようにするのが最大のポイントです。「3:7」で後ろ側に7割くらいの重心がかかるようにな姿勢で歩きます。

さらに、仙腸関節のストレッチのために歩くときにできるだけ体をねじることも重要。後ろの足で地面を蹴るときには、股関節が伸びるくらいにふくらはぎを意識してください。かかとで着地して、親指の付け根で地面を蹴ります。このウォーキングを5分続けるだけで、仙腸関節をストレッチできるのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事