ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める

私たちが腹筋と呼ぶ筋肉は、実際には4種類の筋肉から構成されています。なかでも注目すべきは「天然のコルセット」とも呼ばれる、腹横筋というインナーマッスルです。腹横筋はゆるんだウエストを引き締めてくれる、まさにコルセットのような筋肉なのです。



スポンサーリンク
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める

腹横筋がぽっこりお腹の解消する

私たちが腹筋と呼ぶ筋肉は「腹直筋」「外腹斜筋」「内腹斜筋」「腹横筋」の4種類で構成されています。それぞれの筋肉には、体幹を屈曲させたり、内臓下垂を元に戻したりなどの役割があります。

腹直筋は、お腹の正面で肋骨と骨盤を結んでいるアウターマッスル。左右の肋骨の外側から腹直筋に向かってV字に走るのがアウターマッスルの外腹斜筋。外腹斜筋の深層で逆V字に走るのがインナーマッスルの内腹斜筋です。インナーマッスルの腹横筋は腹部の最深部にあります。

とかく腹筋というと腹直筋に目が行きがちですが、じつは大切なのは腹横筋です。腹横筋は体のコアを支える重要な筋肉です。そして、腹横筋は「天然のコルセット」といわれるほど、ぽっこりお腹の解消に効果を発揮します。

腹横筋を鍛える方法がドローイン

腹横筋は肋骨から骨盤にかけての幅で、背骨から始まってぐるりとベルトのようにお腹を覆っているもの。腹横筋が収縮すると、お腹がキュッとへこみます。腹横筋を鍛えれば、ぽっこりお腹の解消するのもうなづけるでしょう。

また、腹横筋は背骨のもっともそばにある筋肉で、椎骨と椎間板のつながりだけの不安定な背骨を支える役目もあるのです。しかし、腹横筋はふだんの生活ではあまり使用することがなく、通常の腹筋運動でも鍛えられません。

そんな腹横筋を鍛える方法がドローインです。深呼吸したのちに息を吐きながらお腹をへこませ、その状態をなるべく長い時間キープします。呼吸は通常どおりしながら、へこませた状態をキープ。息を吐くときに、さらにお腹をへこませるようにすると効果的です。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている
腹横筋を鍛えるドローインでスタイルキープする

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事