ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

内臓下垂の解消には腹横筋を強化するドローイン

内臓下垂とは、胃や腸などの内臓器官が本来ある位置よりも下がってしまっている状態のこと。ぽっこりお腹の原因は内臓下垂にあるといっても過言ではありません。下がった内臓が骨盤あたりに溜まって、ウエストを太くしています。内臓下垂の解消には腹横筋を強化するドローインが有効です。



スポンサーリンク
内臓下垂の解消には腹横筋を強化するドローイン

内臓下垂の原因は腹横筋の筋力低下

内臓下垂を解消するのに有効なドローインとは「引っ込める」という意味の英語。ふだんの生活のすきま時間にドローインをすれば、激しい運動ナシで内臓下垂を解消できます。ドローインが内臓下垂が解消するメカニズムを見ていきましょう。

内蔵下垂の原因は、弱ったインナーマッスルにあります。なかでも、腹横筋と呼ばれるお腹をコルセット状に覆っているインナーマッスルが、筋力低下することが最大の原因です。

逆にいえば、腹横筋を強化することで内臓下垂は解消ということ。ぽっこりお腹として前後左右にせり出していた内臓が、元の正しい位置に戻ります。内臓下垂が解消するとともに、ぽっこりお腹も消えていくでしょう。

内臓下垂を解消するドローイン効果

そして、腹横筋を鍛えるのに最適なエクササイズがドローインになります。ドローインは、へこませたお腹をなるべく長い時間キープするというエクササイズ。お腹をへこませるときに使われるのが腹横筋です。

内臓下垂を解消するドローインは仰向けでやるのが基本。背筋を伸ばして胸を張って、息をゆっくり大きく吸い込みます。お腹はへこませたまま、胸を膨らませるようにするのがポイントです。

そして息をゆっくり吐きながら、さらにお腹をへこませるのです。ドローインは、そのまま浅い呼吸を続けながらできるだけへこませたお腹を長くキープするのがポイントになります。へこませる時間が長いほど内臓下垂が解消されていくのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事