ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ドローインのやり方が正しいかチェックする方法

お腹のインナーマッスルを鍛えるならドローインが効果的です。ドローインはへこませたお腹をキープするエクササイズ。腹横筋と呼ばれるインナーマッスルが鍛えられます。ただし、ドローインのやり方が正しくないと、腹横筋に刺激が入りません。ドローインのやり方が正しいかチェックしてみましょう。



ドローインのやり方が正しいかチェックする方法

腹横筋を使うドローインのやり方

さっそく、ドローインのやり方が正しいかをチェックする方法を紹介しましょう。それは、仰向けになってドローインをしたときに「お腹が平らかどうか」と「腰骨のくぼみが硬いか」を確認するのです。

ドローインで使うのはお腹をコルセットのように覆っている腹横筋。お腹が平らでなく山形になっている場合、お腹の正面にある腹直筋が使われてることを意味します。正しいドローインのやり方ではないわけです。

このほか、腰骨の左右にある突起の内側はくぼんでいるのが通常。ここが硬くなった筋肉で埋められていたら、インナーマッスルによく効いている証拠です。正しいドローインのやり方といえるでしょう。

腹横筋を鍛えるドローインのやり方

正しいドローインのやり方をマスターするために、タオルを使う方法もあります。仰向けドローインのやり方のときに、フェイスタイルを端からクルクルと丸めて、お腹の下あたりの背中に当てるのです。

仰向けドローインのやり方では、どうしても骨盤が後ろに傾いてしまいます。骨盤が後傾になりすぎると腰痛などの原因になるのです。そこで、背中の反った部分に丸めたタオルを当てて骨盤の角度を調整します。

これで、背中の自然な反りを維持するほどよい骨盤の角度にすることが可能。このやり方ならドローイン効果が高まって腹横筋がよく鍛えられます。タオルがないときは、左右どちらかの手を背中に当てるやり方でもよいでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事