ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

縄跳びの効果で痩せられるメカニズムとは?

ボクシングのトレーニングに使われる縄跳びには、驚くべきダイエット効果があります。縄跳びの効果は有酸素運動による脂肪燃焼効果だけにとどまりません。なんと食欲を抑制する効果もあるのです。縄跳びの効果についてそのメカニズムを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
縄跳びの効果で痩せられるメカニズムとは?

縄跳びの効果をアップさせる方法

縄跳びは、その場でジャンプして縄を回すシンプルな運動です。誰かにやり方を教えてもらう必要はありません。場所も、たたみ1畳もあれば十分でしょう。縄跳びの魅力は、なんといってもその手軽さにあります。

縄跳びをする時間は20分以上、続けるのが理想です。縄跳びの効果は、ウォーキングやジョギングと同様の有酸素運動による脂肪燃焼。この有酸素運動は、20分経過後に脂肪が燃焼し始めるからです。

縄跳びの効果をアップさせるなら、ボクサーのように片足ずつ交互に1歩か2歩ずつ跳ぶ方法がおすすめです。これだけで運動量が高まり、脂肪燃焼効果がアップします。

縄跳びの驚くべきダイエット効果

縄跳び効果で鍛えられる筋肉は、太ももやふくらはぎなどの下半身の筋肉が中心です。下半身は全身の6割の筋肉が集中する場所。なかでも太ももには大きな筋肉があるため、全身の4割が集中しているのです。

縄跳びは鍛える筋肉が大きいぶん、基礎代謝が高める効果が高いといえるでしょう。基礎代謝を上げることは1日の消費エネルギーを上げることになるため、痩せやすい体質作りには欠かせません。

さらに縄跳びには、空腹を抑える効果もあります。縄跳びの上下運動が腸を混乱させて、食欲ホルモンの放出を抑制する効果があるのです。縄跳びには消費カロリーを増やして、摂取カロリーを減らす効果があるということ。驚くべきダイエット効果といえるでしょう。

■「縄跳び効果」おすすめ記事
縄跳び効果によってインナーマッスルを鍛える
縄跳び効果を最大化するロープの選び方と跳び方

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事