ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった

じつは睡眠と体重のあいだには驚くべき関係があります。不眠症の原因は無理なダイエットにあったのです。無理なダイエットが不眠症の原因となる理由を詳しく見ていきましょう。『主治医が見つかる診療所』の「睡眠ホルモンの出し方」で紹介されていました。



スポンサーリンク
不眠症の原因は「無理なダイエット」

不眠症の原因に無理なダイエット

不眠症の原因の1つに「無理なダイエット」があります。無理なダイエットをすると、睡眠を妨げるホルモンが出てしまうのです。

それはいわば、睡眠ホルモンの逆を行く覚醒ホルモン。呼んで字のごとく覚醒させるホルモン、つまり目が冴える物質です。それが「オレキシン」です。

この覚醒ホルモンは、体が緊急事態になると分泌され、目を冴えさせるホルモン。古代、人類が狩猟生活をしていたころ、空腹は命に関わる緊急事態でした。そこで空腹時には覚醒ホルモンが分泌されて目を冴えさせ、人を狩りに向かわせたというわけです。

寝る前に空腹感が不眠症の原因

これと同じことが無理なダイエットでおきています。無理なダイエットで寝る前に空腹感を覚えると、覚醒ホルモンが分泌されて目が冴えてしまうのです。これが不眠症の原因となります。

逆に3食きちんと食べてきちんと寝ると、自然に体重は減っていくもの。きちんと食べて快眠すれば、無理なダイエットをしなくても健康的に痩せることができるのです。

睡眠は人間の食欲と深い関係があります。しっかり睡眠をとっていると、意外と食欲は抑制されるもの。逆に、きちんと3回バランスよく食べていると、睡眠も自然と快眠になっていきます。正しく食べて正しく眠る…これが不眠症の原因を解消して自然と体重が落とすコツなのです。

■『主治医が見つかる診療所』
【睡眠ホルモンの出し方】

不眠症チェックリスト!12の質問ですぐ判定
メラトニン効果で不眠症が改善するメカニズム
不眠症を改善する睡眠ホルモンのメカニズム
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
不眠症の原因は食事の栄養バランスかもしれない
メンタルトレーナー考案の快眠法「感情日記」
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
不眠症を薬なしで改善する睡眠ホルモンの出し方

■「不眠症」おすすめ記事
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事