ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ぽっこりお腹をすぐ解消する朝食抜きダイエット

シニア世代になって増えてくるのがぽっこりお腹。食べる量を増やしたつもりがないのに、ぽっこりお腹になる人が続出する年代です。ぽっこりお腹の原因は年齢とともに下がっている基礎代謝にあります。そんなぽっこりお腹をすぐに解消できるのが「朝食抜きダイエット」なのでした。



ぽっこりお腹をすぐ解消する朝食抜きダイエット

ぽっこりお腹を解消する単純な算数

ぽっこりお腹の原因は単純な算数でわかります。ぽっこりお腹になるということは、「摂取カロリー」から「消費カロリー」を引いた数値がプラスということ。ぽっこりお腹を解消するなら、この引き算がマイナスにならなければなりません。

そこで、1日の摂取カロリーを1食分、丸ごとカットしてしまうが朝食抜きダイエットです。いきなり朝食ぜんぶを抜くのがきついなら、ヨーグルトなどカロリーの少ないものに変えていくとよいでしょう。

朝食抜きダイエットは最終的に、野菜や果物のジュースのみを摂取するようにします。ダイエット方法としては乱暴なように見えますが、朝食抜きダイエットはじつは理にかなったメソッドです。

1週間でぽっこりお腹の解消効果

アメリカ発祥の手軽なぽっこりお腹の解消方法に「8時間ダイエット」があります。8時間ダイエットは、1日の8時間のあいだなら何を食べてもよいというメソッド。朝食抜きダイエットはこれに通じるものがあります。

8時間ダイエットは、何も食べない残りの16時間がポイント。16時間のあいだに脂肪を燃焼できるぶん、8時間は好きなだけ食べてもよいわけです。ここで朝食抜きダイエットは昼食を12時に、夕食を20時に摂ることになります。

結果的に朝食抜きダイエットは、16時間は何も食べないということ。実際、朝食抜きダイエットは午前中の空腹感が難関です。この空腹感さえ乗り越えられれば、ぽっこりお腹の解消効果は1週間で現れます。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事