ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

はらすまダイエットは体の中も健康にする!

「はらすまカード」を使って無理せずにできる「はらすまダイエット」をご存じですか? はらすまカードには、日常生活で減らせる100kcalの目安が書かれています。9月9日放送『主治医が見つかる診療所』の「代謝UPスペシャル決定版」で紹介されていました。



スポンサーリンク
はらすまダイエットは体の中も健康に!

はらすまダイエットは5%減が目標

「はらすまカード」とは、1枚ごとに100kcalの絵が描かれたカード。「腹をスマート」にさせることを目的に作られたため、略して「はらすま」となりました。もともとは日立製作所が、内臓脂肪撃退プロジェクトで社員向けに考案したものです。

はらすまダイエットは、90日間でいまの体重の5%減を目標に減らす方法。体重の5%減とは「体重80kgの人なら4kg」「50kgの人なら2.5kg」になります。カロリーに換算すると、体重80kgの人なら1日あたり約300kcalを減らす計算です。

とはいえ、毎日の食事や運動でカロリー計算をするのは面倒な話。そこで、はらすまダイエットでは100kcalに小分けにして考えます。それに使われるのが「はらすまカード」です。

はらすまダイエットのやり方とは

はらすまカードには、日常生活で減らせるさまざまな100kcalの目安が書かれています。ごはんカードなら、お茶碗のイラストの3分の2が色づけされていました。これは、ごはんお茶碗3分の2が100kcalというわけです。

バタートーストの場合、2分の1枚が100kcalの目安。バタートーストカードには、半分だけ色づけされたトーストの絵が描かれています。

はらすまダイエットのやり方は、束になったはらすまカードから、1日3枚以上、実行するというもの。それ以外は、ふだんどおりに生活するだけ。すなわち、摂取カロリーをちょっと減らすことが、はらすまダイエットのポイントなのです。


スポンサーリンク

はらすまダイエットで体の中も改善

はらすまダイエットに野球解説者の金村義明さんがチャレンジしました。開始時の体重は103.6kg、お腹まわりは106cmです。これと血液検査で問題のあった項目数「15」がどう変化するのを比較します。

1か月後、なんと体重は95.85kg、マイナス7.75kgです。腹囲も98.5cmとマイナス7.5cm。血液検査についても数値が改善していました。

というわけで、はらすまダイエットで1日300kcal減らすだけで、体重だけでなく体の中も改善に向かっていたのです。金村さん本人にはがんばっている実感がないものの、見事にはらすまダイエットに成功していました。

■主治医が見つかる診療所
【代謝UPスペシャル決定版】

お腹いっぱい食べてもよく噛むなら太らない
食べて痩せるラム肉を使った代謝アップ料理
中年太りを解消できる「ひねる」動きとは?
代謝を上げる「ひねるトレーニング」とは?
代謝アップを無理なく生活に組み込む5つの方法

■「ダイエット」おすすめ記事
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事