ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

筋トレの食事メニューで朝食抜きはありえない

筋トレの食事メニューで朝食抜きはありえません。筋トレは筋肉を大きくすることが目的。しかし、ボディをシェイプアップしたいからといって筋トレの食事メニューで朝食を抜くのは逆効果。常に分解と合成を繰り返している筋肉が分解優位となり、筋肉が大きくなるのを妨げてしまうのです。



スポンサーリンク
筋トレの食事メニューで朝食抜きはありえない

筋トレの食事メニューはタンパク質

筋肉は水を除くとほとんどがタンパク質からできています。そして、そのタンパク質は常に分解と合成を繰り返しているのです。

筋トレも何もしていなければ、分解される量と合成される量が等しいために、筋肉の量は変わりません。筋トレで筋肉を大きくするには、分解される量を合成される量が上回る必要があります。

筋トレの食事メニューは、まずは筋肉の材料となるタンパク質をしっかり補給しなければなりません。しかもタンパク質の分解と合成は、食事のリズムとシンクロしています。空腹時は合成よりも分解が優位となり、食事を取ると分解よりも合成が優位となるのです。

筋トレの食事メニューは1日3食

朝起きたときは空腹状態なので、筋肉の分解が進みます。そこで朝食をとることで、筋肉は合成へと転じるのです。筋トレの食事メニューで朝食を抜いたら、ランチを食べるまでダラダラと分解が進んでしまいます。

一定時間で食事している1日3食こそが、筋トレの食事メニューの基本。食事時間が不規則になったり抜いたりすると、筋肉の分解と合成のリズムが変調。せっかく筋トレしても、分解優位となることがあるのです。

つまり、筋トレの食事メニューは1日3食のリズムが大切。ダイエットで空腹時感が長いと、分解が優位になってしまって筋肉が大きくなる妨げになります。朝食抜きは筋トレの食事メニューにはありえない選択なのです。

■「筋トレ食事メニュー」おすすめ記事
筋トレ食事メニューはタンパク質と緑黄色野菜

■「筋トレ」おすすめ記事
インナーマッスルの鍛え方!自宅の筋トレメニュー
四股踏みは転倒予防に効果的な腸腰筋の筋トレ

■「食事」おすすめ記事
食間に薬を飲むとは食事をした2時間後が目安
薬を食後に服用といっても食事の直後は大間違い
食後寝るとき「右を下」にするのは間違いだった
食後の運動はダイエットにはまったく効果ナシ
食事後の中性脂肪が高い隠れ中性脂肪を改善する
食べてすぐ寝ると「肌が荒れる」って知ってた?
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事