ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

家でできる有酸素運動「足踏み」の注意ポイント

有酸素運動は手軽にできる脂肪燃焼エクササイズです。ジョギングやウォーキングなどがよく知られていますが、有酸素運動は家でもできるもの。しかも家でできる有酸素運動としては、その場で行う「足踏み」で十分です。ただし、家でできる有酸素運動には注意ポイントが2つあります。



家でできる有酸素運動「足踏み」の注意ポイント

家でできる有酸素運動は全天候対応

有酸素運動とは、息を吸ったり吐いたりしてたくさんの酸素を体内に取り入れながら、全身の大きな筋肉を比較的ゆっくりとリズミカルに動かして行うもの。簡単にいえば長時間続けられる運動になります。

もっとも手軽な有酸素運動はウォーキング。とはいえ天候に左右されるのが難点です。雨の日は濡れてしまいますし、暑い夏や寒い冬は外出するのが面倒。家でできる有酸素運動なら全天候に対応できます。

そして、家でできる有酸素運動はその場で行う「足踏み」で十分に効果的です。有酸素能力を高めるだけでなく、太もも前面の大腿四頭筋や下腹部の奥にある大腰筋などを中心に下半身の筋肉も鍛えられます。

家でできる有酸素運動のポイント

家でできる有酸素運動の「足踏み」は文字どおり、その場で足踏みを繰り返すだけ。誰でも手軽に取り組むことができるでしょう。ただし、家でできる有酸素運動には重要なポイントが2つあります。

家でできる有酸素運動の1つめ重点ポイントは、必ず太ももを腰の位置まで高く上げること。もう2つめは、腕を伸ばして前後に大きく振ることになります。時間的には1日3分ほどが目安。最長でも15分くらいです。

また、家でできる有酸素運動は足を下ろすときはひざやかかとに衝撃を与えないように、つま先から着地するのもポイント。足がふらつく人や腰などに痛みのある人は、椅子の背もたれやテーブルの端につかまって行います。

■「家でできる有酸素運動」おすすめ記事
家でできる有酸素運動の負荷をアップする方法

■「有酸素運動」おすすめ記事
記憶力アップには週3回の有酸素運動が効果的
筋トレの順番は有酸素運動の前にするのが基本
お腹痩せに即効で効くのは筋トレ?有酸素運動?
自転車ダイエットは質の高い有酸素運動を目指す

■「酸素」おすすめ記事
老化の真犯人「活性酸素」の4つの種類とは
活性酸素は生きている限り発生せざるをえない
物忘れは不整脈による脳の酸素不足でもおこる
酸素濃度が高ければ長生きできるわけではない

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事