ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

記憶力アップには週3回の有酸素運動が効果的

自分のよく知るルート上の場所に記憶したいものを置いていけば、誰でも劇的に記憶力をアップできます。加えて、記憶力を鍛えるトレーニングもあります。週3回の有酸素運動が記憶力をアップさせるのです。『ためしてガッテン』の「記憶力で東大生に勝つ!」で紹介されていました。



スポンサーリンク
記憶力アップには週3回の有酸素運動

記憶力アップの秘訣は場所細胞

記憶力アップの秘訣は、自宅の間取りや自分のよく知るルート上に記憶したいものを、なるべく大げさに配置することです。場所は動物にとって生死に関わる重要な記憶。その記憶を司る場所細胞は、その場所に行くと勝手に思い出させてくれる機能を持っているからです。

ここで、ロンドンのタクシー運転手の場所細胞を調べたデータがあります。場所細胞が集まっている後部海馬の体積が、勤続年数でどのように違っているかというもの。そのデータによると、クシー運転手を続ければ続けるほど、場所細胞の体積が増えているといたのです。

タクシー運転手は何千何万という道をどんどん覚えていることが影響しています。つまり、場所細胞は使うことにより発達すると考えられるというわけ。歳を重ねても、場所細胞は増やすことができるのです。

有酸素運動で記憶力はアップ

世界記憶力選手権の史上最年長の世界チャンピオンであるグンター・カールステンさんによれば「体力では若者にはかないませんが、記憶力は違います。記憶力は70歳、80歳になっても、若者と競争できる」といいます。

そんな記憶力世界チャンピオンが行っている大切な脳トレがあります。それがサイクリングとジョギング。つまり有酸素運動です。チャンピオンは記憶トレーニングのうちの半分を運動に当てているとか。どの年代にとっても、記憶力には有酸素運動が一番効果があるとのことです。

2011年に驚くべき研究成果が発表されています。平均年齢68歳の人たちが有酸素運動をしなかった場合、1年間で海馬の大きさは右下がりに減少。しかし、週に3回40分の運動をした場合には、1年間で2%海馬の大きさが増えていました。週3回の有酸素運動で記憶力はアップするのです。

■『ためしてガッテン』
【記憶力で東大生に勝つ!】
記憶力アップには自宅の間取りをイメージする
記憶力をアップさせる魔法の呪文を発見した!

■「記憶力アップ」おすすめ記事
夫婦の会話で記憶力アップ「ほめあい作戦」
「記憶力」は大人になってからもアップする
記憶力がアップする食べ物はカレーだった!!

■「記憶」おすすめ記事
短期記憶/長期記憶とアルコールの関係は?
浅草の高齢者の記憶力が衰えない理由とは?
アルツハイマーが記憶障害を伴う理由とは?
軽度認知障害の人の記憶力を向上させる方法
酒で記憶をなくしても無事に家に帰れる理由とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事