ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

自転車ダイエットは質の高い有酸素運動を目指す

ダイエットに有酸素運動がよいからといって、いきなりジョギングを始めるのはハードルが高いもの。そんなときは自転車ダイエットがおすすめです。自転車ダイエットはジョギングよりも低い負荷で、質の高い有酸素運動を目指します。『解決スイッチ』で紹介されていました。



スポンサーリンク
自転車ダイエットは質の高い有酸素運動を目指す

自転車ダイエットのやり方は簡単

自転車ダイエットのやり方は簡単です。用意するのは、普通のママチャリで十分。自転車で効果的にダイエットするには、サドルを少し高めにしてギアを一番軽くして走るだけです。

そもそも自転車も立派な有酸素運動です。有酸素運動とは比較的、負荷の低い運動を継続的に行うもの。エネルギーとして体内の脂肪を燃焼させてくれます。

自転車ダイエットでサドルは高めに設定するのは、有酸素運動の質を高めるためです。サドルを高めにしてつま先でペダルをこぐと、太ももだけでなくふくらはぎも刺激。下半身をまんべんなく使う運動になります。あまり高くしても危険なので、かかとが5cmほど浮くくらいのサドルの高さがよいでしょう。

自転車ダイエットで乗るときの姿勢

自転車ダイエットでギアを一番軽くするのも、質の高い有酸素運動のため。脂肪を燃焼することを目的とするなら、ギアを軽くして楽にこぐようにします。長い時間走ることができるので、有酸素運動の効果も高くなるのです。

自転車ダイエットでは、乗るときの姿勢でも有酸素運動の質を高められます。腕を曲げてやや前傾姿勢にして自転車に乗るのです。じつは背筋を伸ばしたよい姿勢では、上半身に負荷がかかっていません。

せっかく自転車で運動するのですから、腕を曲げて二の腕に負荷をかけると同時に、前傾姿勢でお腹にも負荷をかかります。これで自転車ダイエットは、下半身をまんべんなく使う運動から全身を使う運動に変わるのです。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。