ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

筋トレの順番は有酸素運動の前にするのが基本

効率的に脂肪が燃焼させるなら、筋トレと有酸素運動の組み合わせが効果的。ただしダイエットという視点からは、筋トレの順番で脂肪の燃焼効果に大きな差が出てしまうのです。筋トレの順番は有酸素運動の前が基本。筋トレ直後と2時間後に有酸素運動を行うのが効率的です。



スポンサーリンク
筋トレの順番は有酸素運動の前にするのが基本

筋トレの順番が先にする理由の1つ

筋トレと有酸素運動を組み合わせるとダイエットの効果が高まるのはいまや常識。ただし、筋トレの順番は有酸素運動の前にしたほうが、より脂肪の燃焼効果が高まるのです。

筋トレの順番が先にする理由の1つは、筋トレによって分泌されるノルアドレナリンにあります。ノルアドレナリンは脂肪分解酵素を活性化するホルモンです。

筋トレ直後は、脂肪がノルアドレナリンによってちょうど分解され始めるタイミング。ここで有酸素運動を行えば、分解された脂肪がエネルギーとしてどんどん燃焼されるのです。

筋トレの順番を先にするもう1つの理由

筋トレの順番を先にするもう1つの理由は、成長ホルモンにあります。筋トレをすると成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンにも強い脂肪分解作用があるのです。

ただし成長ホルモンによる脂肪分解は、ノルアドレナリンと比べてややタイムラグがあります。筋トレあとの2~3時間がもっとも効果的に脂肪を燃焼するタイミングになるのです。

このため、ダイエットで本気で脂肪燃焼させたいなら、筋トレの順番を先にして、すぐに有酸素運動を30分ほど実施。2時間休憩したら、また30分ほど有酸素運動を行うのが効率的なのです。

■「筋トレの順番」おすすめ記事
筋トレの順番は下半身を一番最初にするのが基本

■「筋トレ」おすすめ記事
インナーマッスルの鍛え方!自宅の筋トレメニュー
四股踏みは転倒予防に効果的な腸腰筋の筋トレ
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

■「順番」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?

■「有酸素運動」おすすめ記事
記憶力アップには週3回の有酸素運動が効果的

■「酸素」おすすめ記事
老化の真犯人「活性酸素」の4つの種類とは
活性酸素は生きている限り発生せざるをえない
物忘れは不整脈による脳の酸素不足でもおこる
酸素濃度が高ければ長生きできるわけではない

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。