ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

コレステロール値は卵の摂取量とは無関係だった

健康を保つために、食事で取る栄養素などの望ましい量を定めた厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」。最新の2015年版では、コレステロールの上限値が削除されました。上限値を設ける科学的な根拠がないためといいます。コレステロール値について詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
コレステロール値は卵の摂取量とは無関係だった

コレステロール値が卵好きでも正常

「卵を多く食べるとコレステロール値が上がる」という話を聞いたことがあるはず。しかし、毎晩のように卵5~6個を使った親子煮を食べるほど卵好きでも、健康診断でコレステロール値はいつも正常というケースがほとんどです。

「日本人の食事摂取基準」は5年ごとに改訂されます。2005年版と2010年版では、食事で摂るコレステロールの上限値を18歳以上の男女別に示していました。男性なら1日750mg未満というものです。

しかし、2015年版ではコレステロールの上限値が削られました。理由は、目標量を算定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため。アメリカ農務省も報告書で、これまで推奨していたコレステロール摂取制限をなくすとしました。

コレステロール値は肥満が上昇させる

従来のコレステロールの上限値の設定に使ったのは、ハワイの日系中年男性の研究。エネルギー摂取量1,000kcalあたりのコレステロール量が325mgを超えると、心臓の血管に病気を起こす危険が増えたというものです。この値を日本の18歳以上の各年代で1日平均摂取量にあてはめて導き出していました。

しかし、2015年版ではこの算定法を不採用。厚労省栄養指導室は、体内のコレステロール値は、コレステロールの摂取よりも肥満であることや動物性脂肪の摂取のほうがより上昇させていると考えられるからと説明しています。

日本以外の研究を集めて分析した2013年の論文で、卵の摂取量と心臓などの病気との間に関連がみられなかったことも、上限をなくす判断材料になりました。これまでの研究で、体内にあるコレステロールのうち、食事から摂る分は20%で、残りの80%は肝臓などで作られていることがわかっています。

■「コレステロール値」おすすめ記事
正常なコレステロール値でも「心筋梗塞」に
コレステロール値は「LH比」に危険性が潜む

■「コレステロール」おすすめ記事
食事や運動ではコレステロールは下がらない
コレステロールに悪玉・善玉は存在しない!?
コレステロールの過剰供給が動脈硬化の原因
危険!低コレステロールは「脳出血」を招く
コレステロール食品の影響は「2~3割」だけ!
これが「悪玉コレステロール」を減らす食品
「善玉コレステロール」を増やす速歩とは?
家族性高コレステロール血症はアキレス腱で診断

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。