ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

コレステロールに悪玉・善玉は存在しない!?

「コレステロール値」が高いといことは、あまり心筋梗塞や脳梗塞とは直結しません。指標としているのは「LH比」が適正かどうかが、非常に重要なのです。4月21日放送『主治医が見つかる診療所』の「脳卒中&心臓病を防げ!コレステロールの新常識」で紹介されていました。



スポンサーリンク
heart02

一般的に、コレステロールを含む食品を摂ると、小腸から吸収されて血管に入ります。そして、血液中のコレステロールが多い状態が続くと、それらが血管の壁に入り込み、やがて動脈硬化をおこすことがあります。この動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気を引き起こしてしまうのです。

じつは、コレステロールそのものは善玉も悪玉も同じで一種類しかありません。「LDL悪玉コレステロール」というのは、おもに肝臓で生成され、血管を通じて体全体に運ばれるコレステロールのこと。運ばれたコレステロールは、細胞やホルモンの材料となる重要な役割を持っています。

一方の「HDL善玉コレステロール」は、細胞やホルモンの材料に使われずに、肝臓に戻っていくコレステロールのこと。つまり、コレステロールは元は同じものでありながら、役割の違いによって善玉と悪玉と呼ばれているのです。

どちらも健康維持には不可欠な役割を果たしていますが、近年はこの2つのバランスである「LH比」が高くなると、血管に問題がおきやすいことが判明。これはLDL悪玉コレステロール値をHDL善玉コレステロール値で割った数値です。

■4月21日放送『主治医が見つかる診療所』
【脳卒中&心臓病を防げ!コレステロールの新常識】

正常なコレステロール値でも「心筋梗塞」に
コレステロールに悪玉・善玉は存在しない!?
コレステロールの過剰供給が動脈硬化の原因
危険!低コレステロールは「脳出血」を招く
コレステロール食品の影響は「2~3割」だけ!
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
これが「悪玉コレステロール」を減らす食品
「善玉コレステロール」を増やす速歩とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事