ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

うつ病治療に「お手玉」が効果的な理由とは?

昔からある遊びがうつ病治療に効果的であることがわかってきました。それが「お手玉」。うつ病患者にお手玉が効果的であることがわかってきていて、それを治療にあてる医師もいるのです。『主治医が見つかる診療所』の「最新ストレス解消法」で紹介されていました。



スポンサーリンク
うつ病治療に「お手玉」が効果的な理由とは?

うつ病治療にお手玉が効果的だった

お手玉がうつ病治療に効果的であることを示す実験があります。うつ病などの精神疾患で通院中の17人を、お手玉をする/しないでグループ分け。そして、6か月間のさまざまな心理検査を行いました。

すると、お手玉をしたグループのほうが不安が減り、活力が増えたという結果が出たのです。これは、お手玉がリズム運動の一種であることがその理由。リズム運動は、ストレスを解消するセロトニンを分泌させる方法の1つだからです。

そして、リズム運動のなかでもお手玉は、子どもから高齢者まで誰でも手軽にできる遊び。ウォーキングやサイクリングより運動強度が低いので、性別や年齢を問わずに誰でも簡単にできるハードルの低さもポイントです。

同時に歌うとうつ病治療の効果アップ

お手玉に自信がない人にはゴム付きのお手玉がおすすめ。お手玉に輪ゴムを10個ほど結びつけると、お手玉のヨーヨーのような形になります。お手玉のバリエーションが増えて楽しいと、若いうつ病患者にも好評といいます。

うつ病治療のお手玉は、長時間やればよいというものではありません。疲れない程度に、楽しさが残っている状態でやめるくらいが目安。それよりも毎日続けてやることのほうが大切です。

さらに、お手玉のうつ病治療の効果を上げるなら、黙々とお手玉をするのではなく、同時に歌を歌うと効果的。歌でリズムを付けていくのでストレス解消効果がアップします。そこに楽しさも加わって相乗効果で脳のセロトニンも出やすくなり、うつ病が治療されていくのです。

■「うつ病」おすすめ記事
実例でわかる!実際の「うつ病」の症状とは
脳科学で明らかに!「うつ病」のメカニズム
簡単!「うつ病チェック」で危険度がわかる
腸が健康になると「うつ病が治る」メカニズム
最新うつ治療「認知行動療法」脳活動が改善
うつ病の症状が出る人の1/3は冬生まれだった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事