ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

「がんを早期発見」するための方法とは?

かつては「死の病」ともいれわれた「がん」ですが、最近ではやすかるがんが増えてきています。そして、ステージによって「5年生存率」は変わってくるのです。それでは「がん」を早期発見するにはどうしたらよいでしょうか? 2月3日放送『主治医が見つかる診療所』の「最新!がんのリスクを下げる方法SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
toilet0428

まずは「体の変調を見逃さない」ことです。タバコが変にまずい、好きな銘柄のビールなのに違う味がするなどは「体の変調」の兆し。がんとは限りませんが、何か異常があることを体が教えてくれているのです。

ほとんどのがんで痛みはありません。がんを早期発見するには、小さな体の変調を見逃さないことが大切なのです。

また「大腸」の場合、情報は出てくるものしかありません。つまり「便」だけです。便が赤くなる「血便」、血液そのものが出たら「下血」のほか。ふだん便秘じゃない人が急に便秘傾向になったり、急に便秘と下痢を繰り返したり…。そういった「便の異常」が見つかります。

ふだんからトイレを流す前に必ず見るクセをつけることが肝心です。このほか「便が残る感じ」や「便が細くなる」などの症状も要注意です。

それでは、食道や胃にがんができた場合の自覚症状はどうでしょう? 胃に関しては初期の段階は症状が出ません。ある程度進んでくると、胃が重くなってきたり食欲が落ちてきたりします。食道も初期は何も出ません。ある程度の固まりになってくると、食べ物が通りにくくなってきます。

■2月3日放送『主治医が見つかる診療所』
【最新!がんのリスクを下げる方法SP】

鳥越俊太郎「直腸がん」が見つけたきっかけ
「がんを早期発見」するための方法とは?
泉アキ「乳がん」見つかったのは偶然だった

■「がん」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
お酒で顔がすぐ赤くなる人は「がん」になる
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事