ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

菱形筋マッサージで背中の肩こりを解消する方法

背中の肩こりとは、肩甲骨の内側が慢性的にこっている状態のこと。いくらストレッチしてもマッサージしてもなかなか治りません。そんな背中の肩こりの原因は菱形筋です。そこで、菱形筋マッサージで背中のこりを解消する方法を紹介します。フェイスタオルを使った菱形筋マッサージです。



スポンサーリンク
菱形筋マッサージで背中の肩こりを解消する方法

菱形筋の損傷が背中の肩こりの原因

背中の肩こりは、菱形筋の損傷による痛みが原因である可能性が大です。とくに慢性的に背中の奥に痛みがある場合は、菱形筋に原因があります。投げる動作をして腕を伸ばし切ったときに痛みを感じたら、背中の肩こりの原因は菱形筋と考えてよいでしょう。

そもそも菱形筋は、肩甲骨と背骨をつないでいる筋肉。肩甲骨を支える筋肉の1つです。菱形筋は上側にある小菱形筋と下側の大菱形筋に分かれていますが、明確な境界はありません。

菱形筋は、肩甲骨を内側に引いたり、引き上げたり、下方に回旋させたりする役割を果たしています。肩甲骨の外側移動を制限していることも重要な機能の1つです。

菱形筋マッサージで損傷を解消する

菱形筋を損傷する場面としては、ふだんの生活の中では重いものを持ち上げる動作があります。スポーツでは、投球動作など手をすばやく動かす動作です。投球動作で肩甲骨の可動を制限するときに損傷することがあります。

そんな菱形筋の損傷を解消する方法が菱形筋マッサージです。フェイスタオルをタテに2つ折りして二重に縛った結び目を使います。結び目が肩甲骨の内側に当たるように仰向けになったら、腕を交差させて両腕をつかんでください。

菱形筋マッサージは、この体勢でゆっくり呼吸しながら、5秒圧迫と5秒休憩を30秒ほど行います。最後に上体をゆすったら菱形筋マッサージは終了。基本的には両側の菱形筋とも行いますが、痛みがあるほうを多めに行いましょう。


スポンサーリンク

菱形筋ストレッチでこりを解消する

菱形筋のストレッチで背中の肩こりを解消する方法もあります。この菱形筋のストレッチは、事前に菱形筋を収縮させて筋肉と骨の付着部にあるセンサーを刺激。反射的に筋肉がゆるみやすくなる性質を利用します。

実際の菱形筋ストレッチのやり方は、まず両手で胸の前でバスタオルを持って、肩幅の1.5倍くらいに開いてまっすぐ立ちます。そして、背中を広げるように左右にタオルを6秒間強く引くのです。

次にタオルは離して、両手を大きなボールを抱えるように胸の高さで組みます。両ひじを曲げるとともに、ひざを曲げて腰を後ろに引きながら、背中全体をストレッチするのです。

■「菱形筋」おすすめ記事
菱形筋を筋トレすることで背中のコリが解消した
菱形筋の緊張は腕を垂らしてブラブラ回すと治る

■「マッサージ」おすすめ記事
線維筋痛症の症状はマッサージしても治らない
小顔マッサージは黒かっさを使うと効果的だった
膵臓の位置を把握して直接マッサージする方法
耳下腺マッサージでアンチエイジングができる
便秘マッサージには1日10分のうつ伏せが効く
頭皮マッサージで若返り!しかも薄毛が改善した
頭皮マッサージで髪のハリとコシを取り戻す方法
血圧を下げるには1日10分ふくらはぎマッサージ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事