ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

血圧を下げるには1日10分ふくらはぎマッサージ

血圧を下げるには1日10分ふくらはぎをマッサージが効果的。ふくらはぎマッサージで下半身の血液が確実に心臓へ向かうため心臓の負担が軽減。血管が広がって血圧を下げるのです。『金曜日のスマたちへ』の「大ブーム!ふくらはぎ健康法」で紹介されていました。



スポンサーリンク
血圧を下げるには1日10分ふくらはぎマッサージ

ふくらはぎが血圧を上げるメカニズム

そもそも下半身の血液は、心臓のポンプ機能だけでは心臓まで戻ってきません。血液を心臓に戻すポンプの役割を果たしているのが「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎです。

ふくらはぎの筋肉が動くと血管が圧迫されて血液が上昇する仕組み。ふくらぎにある心臓へと血液を戻す血管には、血液の逆流を防ぐ弁が付いているのです。

しかし、運動不足や長時間座っていると血液がよどみ、心臓への血液の返りが悪くなってしまいます。すると心臓は、常に同じ速度で全身へ酸素を届ける必要があるため、より強い力で血液を送り出すのです。これが血圧を上げるメカニズムになります。

血圧を下げるには1日10分マッサージ

ここでふくらはぎをマッサージすると、よどんでいた血液が確実に心臓へ向かいます。すると心臓への血液の返りがよくなり、心臓の負担は軽減。血管が広がって血圧を下げるのです。

マッサージする場所は、すねに沿った内側ラインと外側のライン、ふくらはぎの中心ラインの3ラインと、ひざ裏とアキレス腱まわりの2か所です。

ふくらはぎマッサージで血圧を下げるには、5分程度を1セットとして1日2回行います。時間にすれば1日10分のふくらはぎマッサージということです。


スポンサーリンク

血圧を下げるには下から上に押す

ふくらはぎマッサージで血圧を下げるには、まず内側ラインを内くるぶしからひざ下へ骨のきわに沿って指で押します。両手ですねを抱えるようにして親指を爪の部分で重ねてください。必ず下から上に行います。体重をかけて息を吐きながら、ひざ下まで3~4cm間隔で押してください。これを2回繰り返します。

中心ラインは、アキレス腱からひざ下までを内側ラインと同じ要領で2回もんでください。外側ラインも、外くるぶしからひざ下までを同じ要領で2回もみます。

ひざ裏はリンパ節を転がすように押してください。10回ほどやさしい力で行いましょう。最後のアキレス腱まわりは、手間に引くようにふくらはぎの下3分の1くらいまでをもみます。3回繰り返してください。

■「血圧を下げる」おすすめ記事
1日10分「ふくらはぎ健康法」で血圧を下げる!!
その場で血圧を下げる「合谷+腹式呼吸」とは
血圧を下げるには板チョコ3分の2とココア2杯

■「血圧」おすすめ記事
血圧が高い人の「やってはいけないことリスト」
チョコレートの高血圧の改善効果は本当か?
チョコレートの効果といえば高血圧の改善!
血圧の変動幅を抑えるためのポイントとは?
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
低血圧の人が朝に弱いというのはウソだった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事