ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

膵臓の位置を把握して直接マッサージする方法

インスリンは血糖値を下げる働きをする重要なホルモンです。このインスリンは膵臓で作られています。膵臓が弱ってインスリンの分泌が減ると、血管が深刻なダメージを受けることに…。そこで、膵臓の位置を把握して直接マッサージする方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
膵臓の位置を把握して直接マッサージ

膵臓の位置は体の中心から左側

膵臓が弱ってインスリンの量が減ったり働きが悪くなると、血中のブドウ糖が増えて血管に深刻なダメージを受けることになります。それを防ぐためにおすすめなのが、インスリンを分泌する膵臓の位置を把握して直接マッサージする方法です。

膵臓の位置は体の中心から左側にかけて、肋骨の下にもぐりこむあたりです。この膵臓の位置には、刺激するのに最適がツボがあります。それが「章門」です。

章門は、胸のトップから下に手を下ろしていって、ちょうど肋骨が終わる部分にあります。手に肋骨が当たらなくなったら手を止めてください。その位置から肋骨の内側に指を入れ込むように3回ほど押すのです。

膵臓の位置を重点的にマッサージ

膵臓の位置は左側なので、左側の章門を重点的にマッサージします。右側は肝臓の位置にあたるので、同時に押すことで肝臓をマッサージするとよいでしょう。

ふにゃふにゃしていて痛みがあったり、ぶよぶよして張りがなかったりしたら、膵臓が弱っているかもしれません。膵臓はストレスなどの心の疲れのほか、早食いや不規則な食事でもダメージを受けるもの。生活習慣を見直しながら、膵臓マッサージを行って膵臓を活性化しましょう。

なお、膵臓が活動的になる時間帯は朝の9~22時です。1日1回、この時間帯に膵臓のマッサージを行うのが理想になります。ただし、押してみて痛みを感じる人は、代謝がよくなるお風呂上りに試してみましょう。

■「膵臓の位置」おすすめ記事
膵臓の位置を知ることで急性膵炎が発見できる

■「膵臓の働き」おすすめ記事
膵臓の働きはインスリン製造と血糖値のモニター
膵臓の働きを高める「たまねぎの皮スープ」
膵臓の働きの重要性がわかる膵炎による糖尿病
膵臓の働きが耳を引っ張るだけで活性化する理由

■「膵臓」おすすめ記事
急性膵炎が発症する原因は胆石とアルコール
「胃痛」の原因が胃じゃない病気ベスト3とは
糖尿病が日本人に多いのは膵臓の寿命が原因だった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事