ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由

お腹まわりのダイエットには腹筋のインナーマッスルを鍛えることが効果的。なかでも、重要なインナーマッスルが「腹横筋」になります。腹横筋こそが内臓を正しい位置に戻して内臓下垂を矯正して、ウエストを細くしてくれるのです。腹横筋について詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由

腹横筋が内臓を正しい位置に保つ

腹筋インナーマッスルの1つである腹横筋は、お腹の壁である腹壁の最深部、第三層にある筋肉になります。第一層は外腹斜筋、第二層が内腹斜筋です。腹横筋は肋骨と骨盤の間を腰巻きのように水平に走っていて、お腹の中心にある筋膜に付着します。

関節を大きく動かす働きを持つのがアウターマッスルですが、インナーマッスルである腹横筋は緊張しながら伸びたり縮んだりする筋肉。内臓を守るコルセットような働きを持っています。

そして、腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要とされる役割が、内臓を正しい位置に保って姿勢を安定させることです。じつはインナーマッスルが加齢などで衰えると、内臓が正しい位置より下がってしまうのが、お腹まわりが太くなる原因。それを解消するのが腹横筋なのです。

腹横筋が収縮すると体幹が安定

腹横筋の役割は、内臓を正しい位置に保つだけではありません。腹圧を高めて体幹を安定させるという大事な役割を果たします。腹部にある骨格は背骨だけ。それ以外の空間を埋めて安定させているのが腹横筋です。

日常生活やスポーツで体幹を安定させて動作させるには、腹横筋がしっかり収縮して腹圧が高まることが必要があります。腹部がグラグラしていては、体幹が安定しないのは想像にかたくありません。

さらに、腹横筋には背骨を安定させる役割もあります。腹横筋を収縮させたときの背骨の強さは、収縮させないときと比べると1.4倍の強い力に耐えられるのでした。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事