ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

インナーマッスルには絹ごしより木綿豆腐がよい

ダイエット食材の代表格ともいえる豆腐ですが、じつは絹ごし豆腐と木綿豆腐とで含まれるタンパク質の量が違うのをご存じですか? とくにインナーマッスルを鍛えるなら、迷うことなく木綿豆腐を選びましょう。インナーマッスルによいタンパク質を多く含んでいるからです。



スポンサーリンク
インナーマッスルには絹ごしより木綿豆腐がよい

インナーマッスルはタンパク質が必要

インナーマッスルを含めて筋肉を増やしたり筋力を向上させるには、その原料となる良質なタンパク質が必要になります。そんなときに重宝する食材が高たんぱく低カロリーな豆腐。ダイエットにも最適です。

豆腐には、のどごしが柔らかい絹ごし豆腐とがっちりした食べ応えのある木綿豆腐とがあります。じつはこの2つの豆腐、製法が違うことによって含まれる栄養素にも違いがあるのでした。

木綿豆腐は、豆乳に凝固剤を加えて一度固めたものを崩して、木綿の布を敷き入れた容器に入れて圧力をかけ、水分をしぼって再び固めたもの。一方の絹ごし豆腐は、木綿豆腐よりも濃い豆乳に凝固剤を加えて、そのまま固めて作ったものです。

インナーマッスルには木綿豆腐

このため、木綿豆腐のほうが栄養素が凝縮されています。絹ごし豆腐よりタンパク質やカルシウムが20~30%多く含まれているのです。

ただし、木綿豆腐がすべての栄養面ですぐれているというわけではありません。水分を絞るときにビタミンBやカリウムが流れてしまうため、絹ごし豆腐はビタミンBやカリウムなどの栄養が多く含まれているのです。

このため、インナーマッスルを鍛えるためには木綿豆腐がオススメ。なるべく良質なタンパク質を多く摂ることが求められるからです。しかも、糖質量も木綿豆腐のほうが少ないですから、スーパーなどで豆腐を選ぶときは、木綿豆腐を選ぶようにしましょう。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

■「豆腐ダイエット」おすすめ記事
豆腐ダイエットレシピは生姜を加えるのが効果的
豆腐ダイエット効果は絹ごしと木綿で違っていた
免疫力を高めるアレンジ湯豆腐の簡単レシピ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事