ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

お腹ぽっこりは正しい姿勢だけで解消できる

お腹全体がぽっこりしてしまうのは、姿勢が悪いことが原因です。逆にいえば、ふだんから正しい姿勢を心がければお腹ぽっこりは解消できるということ。悪い姿勢がお腹ぽっこりを引き起こすメカニズムを見ながら、お腹ぽっこりを解消する正しい姿勢のやり方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
お腹ぽっこりは正しい姿勢だけで解消できる

お腹ぽっこりを生み出すスパイラル

胃のあたりからお腹全体がぽっこりしてしまうのは、ふだんの姿勢が悪いことが原因です。というのも、姿勢が悪くなると内臓が圧迫されて、胃腸が正しく機能しなくなります。

胃腸の働きが衰えると、お腹を守るために自然と姿勢が悪くなるのです。そして、姿勢が悪くなると消化力や代謝がさらに悪化。この負のスパイラルがお腹ぽっこりを生み出しているのです。

また、前かがみの悪い姿勢が長期にわたると、肋骨の角度が広がって胃が自由に動くようになってしまいます。すると胃が広がりやすくなり、つい食べ過ぎてしまうことになるのです。食べすぎは胃に負担をかけるため消化も悪化。こうしてお腹ぽっこりが引き起こされるのです。

お腹ぽっこりを食い止める正しい姿勢

お腹ぽっこりを食い止めるのが「正しい姿勢」です。、背すじをしっかり伸ばした正しい姿勢を心がければ、背筋が鍛えられると同時に胃腸の位置も元どおりになります。胃腸の機能も正常化して、お腹ぽっこりも解消するのです。

正しい姿勢は、頭の頂点を上から糸で引っ張られているイメージが基本。これは立っているときも、座っているときも同じです。引っ張られたイメージのまま、腹筋と背筋に力を入れて、同時に両肩を下に引っ張ります。

立っているときは、耳と肩とくるぶしが一直線になるようにしましょう。重心は土踏まずにかけるようにします。座るときは基本的に、イスに浅く腰掛けてください。かかとをイスの下に入れて座ると、無駄な力が入らずに負担になりません。

■「お腹ぽっこり」おすすめ記事
お腹ぽっこりを解消すれば血管年齢が若返る!
お腹ぽっこりはタイプごとに解消する方法が違う
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
ぽっこりお腹が解消できる簡単ダイエット4選
ぽっこりお腹を解消するインナーマッスルの働き

■「正しい姿勢」おすすめ記事
椎間板ヘルニアの原因は「正しい姿勢」で排除する
正しい姿勢だけでインナーマッスルは鍛えられる
姿勢矯正のための3つの体のゆがみリセット法
肩甲骨ストレッチで悪い姿勢を簡単リセット
姿勢矯正は骨盤トライアングルですぐできる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事