ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

お腹ぽっこりを解消「つまむだけダイエット」

お腹ぽっこりを解消するのに最適な「つまむだけダイエット」を紹介しましょう。お腹の5つのポイントをつまむだけで皮下脂肪が燃焼します。お腹ぽっこりがみるみる痩せていくのです。さっそく、お腹ぽっこりに効くつまむだけダイエットのやり方を紹介していきましょう。



スポンサーリンク
お腹ぽっこりを解消「つまむだけダイエット」

お腹ぽっこりを解消するダイエット

痩せたい部分をつまむだけでダイエットできるのが「つまむだけダイエット」。とくに、お腹ぽっこりの解消に効果的です。加えてアンチエイジングや免疫力アップ、疲労回復などの効果も期待できます。

つまむだけダイエットは、皮膚を引き上げることによって皮膚の下に発生する負圧がポイント。負圧によって血液やリンパが流れ込むのです。そして、引っ張った皮膚を元に戻すと血液などが押し出されます。

すなわち、皮膚をつまんだり戻したりすることがポンプ効果となって、血行やリンパの流れがアップ。その効果で皮下脂肪が燃えるので、つまんだ部分が痩せるというわけ。さっそく、お腹ぽっこりを解消するつまむだけダイエットのやり方を紹介しましょう。

お腹ぽっこり解消に効くポイント

つまむだけダイエットでつまむ部分は、みぞおち下の両側、へその両側、へその下10cmの5か所です。皮膚をつまむのは基本的に、親指と人差し指の指先。皮下脂肪が多い人は中指を加えたり、5本の指ぜんぶを使います。

つまむ部分に両手の指先を当てたら、つまむだけダイエットのスタート。まず皮下脂肪をつまむように、指先の真ん中に皮膚を寄せます。次に、それを大きく引っ張り上げて、そして元に戻すのです。「寄せる・引っ張る・戻す」をそれぞれ1秒ずつリズミカルに行います。1か所あたり20回です。

お腹ぽっこり解消に効くポイントとしては、あまり強く引っ張り上げないこと。皮膚の下に負圧を発生させることが目的なので、無理して皮膚を引き上げる必要はありません。お腹ぽっこりを解消するなら1日1回、朝起きたときに行うだけで効果があります。

■「お腹ぽっこり」おすすめ記事
お腹ぽっこりを解消すれば血管年齢が若返る!
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事