ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

正しい姿勢だけでインナーマッスルは鍛えられる

ふだんから正しい姿勢を心がけるだけでインナーマッスルは鍛えることができます。とはいえ、正しい姿勢がじつは難しかったりするもの。そこで、誰でも簡単にできる正しい姿勢をとる方法を紹介しましょう。『主治医が見つかる診療所』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
正しい姿勢だけでインナーマッスルは鍛えられる

正しい姿勢をとるためにのステップ

体の深層にあるインナーマッスルは姿勢を維持する筋肉です。このため、ふだんから正しい姿勢を心がけるだけでインナーマッスルは鍛えることができます。

そして、正しい姿勢は骨盤を意識することが大切です。たとえば猫背は、骨盤が前に出て肩が少し前に出ている状態になります。そこで、正しい姿勢をとるためにの2ステップを紹介しましょう。

正しい姿勢のためのステップ1は、頭の頭頂部に手を置いて、それを押し上げるように体を伸ばすこと。腹筋と背筋を意識して、頭頂部から吊り上げられているようなイメージで背筋を伸ばします。

正しい姿勢の骨盤トライアングル

これだけで見た目のスタイルはよく見えますが、このままだと骨盤は反りすぎの状態。そこで、ステップ2で体の軸を感じたまま、少し前傾している骨盤を真っ直ぐの位置に戻さなければなりません。

ここで登場するのが正しい姿勢のための骨盤トライアングル。手の平の付け根を腰骨の出っ張りに当てて親指の先をくっ付けます。そして、中指の先端を恥骨に当てて、親指と人差し指で三角形を作るのです。

この骨盤トライアングルが地面に垂直な角度こそが、インナーマッスルを鍛える正しい姿勢。この角度を維持することで、骨盤が正しい位置に保てます。正しい姿勢を維持することで、自然とインナーマッスルが強化できるのです。

■「正しい姿勢」おすすめ記事
椎間板ヘルニアの原因は「正しい姿勢」で排除する
お腹ぽっこりは正しい姿勢だけで解消できる
姿勢矯正のための3つの体のゆがみリセット法
肩甲骨ストレッチで悪い姿勢を簡単リセット
姿勢矯正は骨盤トライアングルですぐできる

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。