ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ピーナツバターで認知症が早期発見できる!?

1906年、アルツハイマー病を発見したアロイス・アルツハイマー博士。それから100年、2013年にピーナツバターに関係するとんでもない論文が発表されました。詳しく見ていきましょう。3月26日放送『ためしてガッテン』の「世界の健康ワザ直輸入SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
ピーナツバターで認知症が早期発見できる!?

アルツハイマー病は左鼻の機能が低下

その大発見の舞台は、常夏の楽園アメリカのフロリダ。大発見の主人公は、フロリダ大学のフェニファー・スタンプス博士です。スタンプス博士は、少しでも早くアルツハイマー病の患者を見つけ出したいと研究に取り組んでいました。

そんな彼女が目を付けたのが「ピーナツバター」です。そのユニークな研究法はアルツハイマー病の患者に、目を閉じて片方の鼻で匂いをかいでもらいます。そこで、どこまで近づければピーナツバターの匂いがわかるかを、左右それぞれの鼻で厳密に測定したのです。

結果は驚くべきものでした。アルツハイマー病の人は、とくに「左の鼻の機能が落ちていた」のです。右の鼻では平均「20cm」で匂いがわかったものが、左の鼻ではおよそ「10cm」と大きな差がありました。

認知症は早期発見で治療が可能になる

実際、アルツハイマー病の認知症の場合、記憶に関わる「海馬」より前に、嗅覚に関係する部位の神経細胞が侵されて、匂いがわからなくことがおこるのです。その次に、もの忘れておこってきます。

実際、アルツハイマー病に患者は冷蔵庫の中に腐ったものがあっても気づかないことがよくあるとか。ごく初期のアルツハイマー病の患者の脳をMRIで見てみると、最初に脳の萎縮がおこっている場所は「嗅内皮質」と呼ばれる嗅覚に呼ばれる部位になります。

そして、嗅覚に異常がある段階で発見できれば、もの忘れに至る前に早期治療が可能になるのではないかと期待されているのです。

■「認知症」おすすめ記事
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
「絵本の読み聞かせ」が認知症予防に効果的
認知症を予防する「認知力アップデイケア」

■「アルツハイマー型認知症」おすすめ記事
「もの忘れ」と「アルツハイマー病」の違い
アルツハイマーは発症の20年前から進行中!?
「指体操」でアルツハイマー病を予防する!!

■7月27日『駆け込みドクター!』
【認知症の新常識SP】
認知症かどうかを診断「模写テスト」とは?
認知症の予防にもなる「色読み脳年齢テスト」
脳血管性認知症は「感情失禁」が典型的な症状
慢性硬膜下血腫による認知症は治る可能性アリ!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事