ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

認知症の予防にもなる「色読み脳年齢テスト」

認知症の半数を占めるアルツハイマー病は突然、発症するものではありません。長い年月をかけてジワジワと脳の細胞が破壊されていくものです。その進行を食い止めるには脳を活性化することが大切。そこで、認知症の予防にもなる「色読み脳年齢テスト」を紹介しましょう。7月27日『駆け込みドクター!』の「認知症の新常識SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
色読み脳年齢テスト

自分の能年齢がわかるテスト

脳年齢が測定できる「色読み脳年齢テスト」というものがあります。これは、行頭に「色」と書かれている行は、漢字に惑わされずに文字の色を読むもの。行頭に「読み方」と書かれている行は、文字の色に惑わされずに漢字を読みます。

この繰り返しで最後までかかった時間で、自分の能年齢がわかるというものです。具体的な脳年齢は下記のとおりです。

【色読み脳年齢テスト結果】

  • 20秒以内 → 20代
  • 25秒以内 → 30代
  • 30秒以内 → 40代
  • 35秒以内 → 50代
  • 40秒以内 → 60代
  • 50秒以内 → 70代

認知症の予防には前頭葉の活性化

色読み脳年齢テストは、脳の前頭葉というおでこ側の部分を使います。前頭葉は思考や創造性を担う、脳の最高中枢といわれる部分です。認知症になると、この前頭葉の機能が衰えてくるため、意欲が低下したり計画を立てて実行することが困難になります。

また、このテストは脳年齢がわかるだけではなく、脳の前頭葉を活性化するので、認知症予防にも効果があるのです。テストの結果はあくまで目安。楽しみながら定期的に続ければ、脳が鍛えられます。

■7月27日『駆け込みドクター!』
【認知症の新常識SP】
認知症の種類と症状「3大認知症」を理解する
アルツハイマー型認知症は初期症状で発見すべし
認知症かどうかを診断「模写テスト」とは?
認知症の予防には乳製品と緑茶!アロマセラピー!!
レビー小体型認知症の典型的な症状が幻視と幻聴
脳血管性認知症は「感情失禁」が典型的な症状
慢性硬膜下血腫による認知症は治る可能性アリ!

■「アルツハイマー型認知症」おすすめ記事
アルツハイマーは発症の20年前から進行中!?
「指体操」でアルツハイマー病を予防する!!
最新治療法でアルツハイマー病が半分に減る

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事