ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腸内環境改善のためのセルフチェックと美腸体操

腸内環境改善のためのセルフチェックを行ってみましょう。10項目の質問で腸の元気度を知ることができます。チェックをしたあとは、美腸体操を覚えて腸内環境の改善に取り組んでください。便秘解消の効果も期待できます。『駆け込みドクター!』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
腸内環境改善のためのセルフチェックと美腸体操

腸内環境改善のためのセルフチェック

まずは腸内環境改善のためのセルフチェックです。この10項目のうち、当てはまった数で元気度をチェックします。

【腸内環境改善のためのチェック】
便秘気味・下痢気味
おならがクサイ
肉を食べることが多い
野菜をあまり食べない
発酵食品をあまり摂らない
お酒をよく飲む
ファストフードをよく食べる
豆類や海藻類はあまり食べない
運動不足だ
朝食は食べないことが多い

該当した項目が「0~3」なら問題なし。4~7の場合は「注意」、そして8~10の場合は「危険」です。該当する項目が8個以上あって、便秘・下痢などお腹の調子が悪い場合は、医療機関での検査をしたほうがよいでしょう。

腸内環境の改善に美腸体操が効果

この10項目、逆の生活を心がければそれだけ腸内環境を改善できるということ。腸内環境の改善はふだんからの努力が大切です。そこで、腸の機能がアップする美腸体操を紹介します。

まずは仰向けの状態でひざを立て、腰をゆっくりと上げてください。この状態を10秒間キープ。下ろすときもゆっくりと。これを5回繰り返します。次に少し手を左右に開いて、深呼吸しながら立てたひざをゆっくり右に倒していください。そして、深呼吸を続けて元の位置に戻したら、今度は左に倒します。

これを左右2往復行ってください。美腸体操によりお腹の筋肉と骨盤がリラック。また、深呼吸しながら行うことで自律神経の整える効果もあるのです。とくに便秘解消に効果が期待できます。

■「腸内環境改善」おすすめ記事
腸内環境が改善するインナーマッスルの鍛え方
腸内環境を改善!プレ歯磨きからリンゴ牛乳まで
腸内環境改善に効果的な発酵食品の食べ方とは
腸内環境改善に効果的な「ダブル発酵」とは?

■「腸内環境」おすすめ記事
免疫力アップには腸内環境をよくすることが重要
腸内細菌のバランス「2:1:7」は何を意味する?
腸内細菌を元気にする特製ヨーグルトセーキ
水太りする原因は腸内細菌が肥満型だから!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事