ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

免疫力アップには腸内環境をよくすることが重要

「免疫力」とは食中毒や風邪などに対する抵抗力のこと。この免疫力を支えるのが「免疫細胞」です。そして、免疫細胞の60%は腸にあります。免疫力を上げるにはよい腸内環境が重要なのです。『駆け込みドクター』の「腸の7つのスゴい力SP」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
免疫力アップには腸内環境をよくする

免疫力を高めるのが腸内細菌

腸には、全身のおよそ60%の免疫細胞が集中しているといわれています。というのも、口から体内に入ってくるのは食べ物だけではないからです。細菌やウイルスなども侵入してきます。

そして、その危険なウイルスから体を守ってくれるのが、腸の中の免疫細胞です。じつは腸は、人体最大の免疫器官なのでした。

この免疫力を高めるの大切なのが「腸内細菌」です。腸内細菌で善玉菌の数が増えると、結果的に免疫力が上がります。

免疫力を上げる秘訣は発酵食品

たとえば、無菌マウスに病原性大腸菌であるO157を投与すると死んでしまいます。しかし、善玉菌の一種であるビフィズス菌を与えておくとO157による感染死を予防できるのです。

動脈硬化はいわば血液の炎症。それが血流の悪化となって脳卒中や心筋梗塞をおこします。じつは、この炎症を抑えるのも免疫の働き。このため、腸内環境がよければ動脈硬化を予防できると考えられています。

善玉菌が増える食べ物の代表格は発酵食品です。ヨーグルト、ぬか漬け、味噌、納豆などがよく知られています。腸内環境を改善して免疫力を上げる秘訣は、これらの発酵食品をふだんから定期的に摂取することなのです。

■『駆け込みドクター』
【腸の7つのスゴい力SP】

腸内細菌のバランス「2:1:7」は何を意味する?
便秘解消に効果アリ「美腸体操」のやり方とは
高橋メアリージュンも悩んだ潰瘍性大腸炎の症状
オリーブオイル和食レシピで腸から健康になる
オリーブオイルレシピは発酵食品と組み合わせる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事