ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

食べても太らない「肉・卵・チーズ」ダイエット

お腹いっぱい食べても太らない夢のようなダイエットが「肉・卵・チーズ」ダイエット。肉・卵・チーズを主食の代わりとしてよく噛んで食べれば、食べても太らないのです。『主治医が見つかる診療所』の「春の“超簡単ダイエット”スペシャル」で紹介されていました。



スポンサーリンク
食べても太らない「肉・卵・チーズ」ダイエット

食べても太らないダイエットのやり方

食べても太らないダイエットのやり方は、ご飯やパンなどの主食を食べない代わりに「肉・卵・チーズ」を主食にするというもの。いわゆる糖質制限ダイエットの1つといえるでしょう。

なぜ肉・卵・チーズはOKで、ご飯やパンはNGなのでしょう? 私たちが食事をすると、食べ物は胃や腸などの消化器で細かく分解・吸収されます。じつは、このとき消化器が食べ物を消化することで多くのエネルギーが消費されるのです。

米やパンなどの炭水化物は摂取カロリーの6%しか消費されません。しかし、タンパク質の場合は摂取カロリーの30%も消費されます。そのうえ、炭水化物は消費されずに余った分は脂肪として蓄えられるのに対し、余ったタンパク質質は体外に排出されるのです。

食べても太らないダイエットの秘密

食べても太らないダイエットには、もう1つ秘密があります。それはよく噛むこと。ひと口につき30回噛むようにするのです。

人間は食事を始めて一定の時間がたたないと満腹にはなりません。早食いをしてしまうと、満腹と感じる前に食べ過ぎてしまいます。しかも、たくさん噛むと満腹中枢が刺激され、少ない量でも満腹感を感じるのです。

食べても太らないダイエットでは、箸を置いて30回数える方法を推奨しています。箸を持ったままだと噛んでいても食べ物に目が行き、ついつい食べてしまうもの。箸を置くだけで噛むことに集中できるのです。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事