ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ホットヨーグルトを朝食前に食べてダイエット

ホットヨーグルトダイエットは、朝食前に120gのヨーグルトを温めて食べるだけ。これだけで自然と体重が減っていきます。食事も好きなものを食べてかまいません。ホットヨーグルトダイエットを詳しく見ていきましょう。『ビューティー・コロシアム』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ホットヨーグルトを朝食前に食べてダイエット

ホットヨーグルトの作り方

人間の体はカルシウムが不足してしまうと、脂肪を蓄えようとする副甲状腺ホルモンを血液中に分泌。カルシウム不足は腸から脂肪を必要以上に吸収するため、太ってしまうのです。

ここでヨーグルトの中のカルシウムは、イオン化して反応が高くなっている状態。すると血液中の脂肪酸と結合して、脂肪細胞への取り込みを阻害するのです。

つまり、カルシウム不足を補いながらダイエットできるのがホットヨーグルト。作り方は、市販のプレーンヨーグルト120gをラップをかけずに電子レンジに入れ、500Wで30秒ほど温めるだけです。

ホットヨーグルトダイエットのやり方

ホットヨーグルトダイエットのやり方は、でき上がったホットヨーグルトを朝食前に食べるだけ。ちなみに、1日120g以上食べてもダイエット効果は変わりません。

温められたヨーグルトは、腸管の機能を向上させるのでカルシウムの吸収率も向上。さらに、空腹の状態で食べると、カルシウムが腸管から吸収されやすくなります。これが副甲状腺ホルモンの分泌を抑えるので痩せることができるのです。

ホットヨーグルトダイエットでは、三度の食事は好きなものを食べてかまいません。ただし、食事は腹八分目まで。間食は控えますが、お酒はビールやワインなら、1日1杯程度なら飲んでもOK。とにかく簡単なダイエット法なのです。

■「ヨーグルト」おすすめ記事
腸内細菌を元気にする特製ヨーグルトセーキ
ヨーグルトが分離した「ホエイ」血糖値を下げる

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事