ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

朝食抜きダイエットは筋肉をつけるのには逆効果

ダイエットは摂取カロリーを抑えるか、消費カロリーを増やすのかのどちらか。健康的にダイエットするなら、筋肉をつけることで消費カロリーを増やすのが基本です。ただし、摂取カロリーを抑えるために朝食抜きダイエットと併用するのは要注意。朝食抜きダイエットは筋肉をつけるのには逆効果だからです。



スポンサーリンク
朝食抜きダイエットは筋肉をつけるのには逆効果

朝食抜きダイエットで体重が減少

朝食抜きダイエットは、手軽に痩せられる方法です。朝食抜きダイエットは、文字どおり1日の3食のうちの朝食を食べないことで摂取カロリーを抑制。確実にウエストまわりがスッキリして、体重も減少します。

ただし、ダイエットのために筋トレをして、筋肉をつけている場合は注意が必要。朝食抜きダイエットが、せっかく筋トレして筋肉をつける効果にストップをかけてしまう可能性があるからです。

じつは筋肉を構成しているのは、水を除くとほとんどがタンパク質。そして、そのタンパク質は常に分解と合成を繰り返しています。基本的には、分解される量と合成される量が等しいために筋肉量は変化はありません。

朝食抜きダイエットで分解が進行

ここでダイエットのために筋肉を付けるには、分解を合成が上回る必要があります。そして、このタンパク質の分解と合成は、食事のリズムとシンクロ。空腹時は合成よりも分解が優位になり、食事を取ると分解よりも合成が優位になります。

たとえば、就寝中は空腹状態なので、筋肉の分解が進んでいる状態。ここで朝食をとることによって、筋肉は合成へと転じるのです。しかし、朝食抜きダイエットの場合、ランチを食べるまでダラダラと分解が進行してしまいます。

すると、せっかくの筋トレ効果が台無しになってしまうというわけ。食事時間が不規則になったり欠食したりすると、分解と合成のリズムが崩れてしまうのです。ダイエットで筋肉をつけるなら、朝食抜きダイエットは逆効果となるのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事