ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

お腹痩せに即効性のある腹横筋のトレーニング法

お腹痩せに即効性のある腹筋は腹横筋です。腹横筋は、お腹をコルセットのように包み込んでいる帯状のインナーマッスル。お腹痩せに即効性を求めるなら、腹横筋をトレーニングするのが近道です。そこで、激しい上下運動なしに腹横筋をトレーニングする方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
お腹痩せに即効性のある腹横筋のトレーニング法

お腹痩せに即効性が期待できる理由

腹横筋はお腹を体の奥深くから支えているインナーマッスル。腹横筋は骨格が背骨しかない腹部を支えて正しい姿勢を維持するとともに、内臓を正しい位置にとどめておく役割もあるのです。

とはいえ腹横筋は意識して使わないと、加齢とともに衰えてしまいます。すると、胃や腸などが下がって内臓下垂が発生。骨盤まで下がった内臓群が横に広がることでぽっこりお腹の原因となります。これを解消するのが腹横筋のトレーニング。お腹痩せに即効性が期待できる理由です。

腹横筋のトレーニング法は、床にうつ伏せになって行います。両ひじを床につけて上半身をおこしたら、右手の親指と残りの4本指で丸を作り、そこに左手を添えて土台にして頭を乗せたら準備完了です。

お腹痩せに即効性のある腹横筋を意識

この体勢から「手・ひじ・つま先」を支えにして、ゆっくりと全身を引き上げてアーチを作ります。そして、お腹に力を入れたまま5秒間キープ。その後、お腹が床につかない程度まで体を下げるのです。

腹横筋トレーニングはこれを10回繰り返します。1日3セットを目安としてください。お腹痩せに即効性を出すポイントとしては、トレーニング時に崖と崖のあいだにアーチを作って踏ん張るイメージを持つことです。

また、アーチを作るときにお尻が上がりすぎたり、落ちすぎたりするのもNG。もしつま先でアーチを作るのがきつい場合は、ひざをついた状態からスタートしてもOKです。お腹痩せに即効性のある腹横筋に力が入っていることを意識してください。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事