ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

大腰筋は鍛え方次第でお腹痩せに即効果が出る

大腰筋は鍛え方次第でお腹痩せに即効果を出すことができます。ウエストが太くなるのは、骨盤がゆるんで内臓下垂がおこっているからです。骨盤のゆるみを解消すれば、内臓が正しい位置に収まってお腹痩せに即効果が出るのです。そこで、骨盤のゆるみを解消するのが大腰筋の鍛え方を紹介しましょう。



大腰筋は鍛え方次第でお腹痩せに即効果が出る

筋肉の使い方次第で即効でお腹痩せ

人間の腹部は構造的に、お腹痩せに即効果が出やすい部位です。お腹には内臓が詰まっていますが、お腹の中はそもそも空洞になっています。しかし、たとえば腕や足は、骨の上に筋肉があって皮下脂肪がのっている構造です。

腹部以外の部位は基本的に、いわば完全に中身が詰まっている状態。仮に太もものサイズを1週間で5センチ減らそうとしても、なかなか達成するのは難しいでしょう。筋肉や骨などの中身を細くするのは並大抵のことではありません。

しかし、腹部は内臓が自由に移動できる空洞構造です。実際、大きく息を吐き出してお腹をへこませれば、5センチくらいは一気に細くなるもの。筋肉の使い方次第で、お腹痩せは即効で実現するのです。

大腰筋は鍛え方次第で即効お腹痩せ

そして、ウエストの太くなる原因は骨盤のゆるみにあります。具体的には、インナーマッスルである大腰筋がゆるんでしまい、骨盤が寝ている状態。そこに内臓が下がってくる内臓下垂がおこって、ウエストを太くしています。

大腰筋は背骨の下部と太ももをつないでいる筋肉です。大腰筋がしっかり機能すると背骨が美しいS字を描くようになります。加えて、骨盤は前傾気味に立った状態になって、自然と内臓やお腹が引き上げられるのです。

これが大腰筋が鍛え方次第でお腹痩せに即効果が出る理由。大腰筋をしっかり収縮するような鍛え方ができれば、内臓の受け皿状態になってしまった骨盤が正しい位置に復活。お腹痩せが即効で実現するのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事