ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

泥のように眠るNG行動「掛け布団から腕を出す」

布団で寝るときに、両腕を掛け布団から出しているシーンをドラマや映画で見たことがあるはず。じつはこれ、泥のように眠るためにはNG行動です。そのほかにも、毛布の上に掛け布団をかけるのも泥のように眠るためにはNG行動になります。なぜ泥のように眠るためによくないのかを見ていきましょう。



泥のように眠るNG行動「掛け布団から腕を出す」

泥のように眠るためにひじを出さない

「掛け布団から腕を出す」」が泥のように眠るためにはNG行動になる理由は、ひじが冷えることで夜中に肩こりになってしまうため。朝起きたときに疲労感が残ってしまいます。

泥のように眠るためには、ひじを冷やさないように注意しなければなりません。寝相が悪くて掛け布団からひじが出るのが心配なら、長袖や七分袖のパジャマを着るようにしましょう。

布団のかけ方でも、泥のように眠るためのNG行動があります。一般的に毛布の上に掛け布団をかけますが、じつはがNG行動。毛布の上に掛け布団をかけると、泥のように眠ることができないのです。

泥のように眠るために適度に寝返り

泥のように眠る状態とは、起きたときにしっかり疲れが取れている状態のこと。たっぷり寝たのに疲れが取れていることが、よい睡眠の目安になります。じつは、よい睡眠には睡眠中に20回ほどの寝返りが必要なのです。

そして、寝返りをうつためのポイントとなるのが、体にかける毛布と掛け布団の順番というわけ。毛布の上に掛け布団をかけてしまうと、毛布が体にまとわりついて寝返りがうまく打てないのです。

泥のように眠るためには、掛け布団の上に毛布をかけます。こうすること寝返りがスムーズになって、よく眠れるというわけです。適度に寝返りをうつことも、泥のように眠るためには欠かせないことなのでした。

■「泥のように眠る」おすすめ記事
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
泥のように眠るための理想の寝返り回数は20回
泥のように眠ると寝酒で寝つきがよくなるは違う
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由
泥のように眠るための寝る前に行う4つの体操
よく眠れる方法のポイントは寝る90分前の入浴
すぐ寝れる方法で知られる「寝る前入浴」はウソ
食べてすぐ寝るなら本当は「左が下」が正解!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事