ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

朝食抜きダイエットを中途半端にやると逆に太る

朝食抜きダイエットは誰でもすぐに実行できるのが魅力。ただし、朝食を食べたり食べなかったりする人は、毎日食べる人よりメタボリックシンドロームになるリスクが高くなるという調査結果があります。すなわち朝食抜きダイエットを中途半端にやると逆に太ってしまうということです。



朝食抜きダイエットを中途半端にやると逆に太る

朝食抜きダイエットで逆に太る結果

朝食抜きダイエットを中途半端にやると逆に太るという調査結果は、東京慈恵会医大総合健診・予防医学センターが、2004~2009年までに人間ドックを受けた人の記録を調べたものです。

調査対象は、人間ドックの初回で基準を超えていなかった30~59歳の約6千人の男女。この対象者がその後、メタボになったかどうかを1週間のうちに朝食を食べる回数別に分析したわけです。

その結果、朝食を食べる回数が「週2日」の人が、もっともメタボになるリスクが高いことが判明。食べる回数がほぼ毎日の人と比べると、女性で4.5倍、男性で1.9倍もメタボリスクが高くなるのでした。

朝食抜きダイエットは中途半端が問題

ただし、朝食をほとんど食べない人は、ほぼ毎日食べる人とメタボになる数はほとんど変わりません。これは不規則な朝食で空腹時間の長さが乱れて、体が内臓脂肪を溜め込んでしまうことが原因と考えられます。

ポイントは、朝食をほとんど食べない人と毎日食べる人とで、メタボになるリスクの差がないということ。朝食抜きダイエットにしっかり取り組んでていれば、メタボになるリスクは上がらないということです。

問題は、食べたりたべなかったりという中途半端な朝食抜きダイエット。不規則な朝食抜きがメタボリスクを高めるのです。朝食抜きダイエットは毎日食べずにを敢行するか、少量の朝食を毎日食べるのどちらかにしましょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事