ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

胃下垂の治し方は骨盤底筋を強化することがキモ

胃下垂の原因はインナーマッスルが筋力低下してしまったことにあります。胃を含めた内臓を正しい位置に保持するインナーマッスルが弱ってしまうことで、胃下垂がおこるわけです。なかでも注目すべきインナーマッスルが骨盤底筋。胃下垂の治し方は、この骨盤底筋を鍛えることが効果的なのでした。



胃下垂の治し方は骨盤底筋を強化することがキモ

胃下垂の原因はインナーマッスル

胃を含む内臓は、お腹のインナーマッスルによって正しい位置に保持されています。インナーマッスルが衰えると、胃の位置が下がってしまう胃下垂が発生するのです。しかし、これは内臓下垂のドミノ倒しが始まりでしかありません。

胃下垂はまず腸に影響を及ぼします。大腸は右下腹から左下腹まで時計回りにコの字型に配置されています。大腸の上部にあたるのが横行結腸。胃下垂で押されると、横行結腸が垂れ下がるのです。

横行結腸の下垂は、大腸と直腸をつないでいるS状結腸の下垂を招きます。こうなったら腸下垂の状態。腸が垂れ下がってカーブが増えると、便が通過しにくくなって便秘になってしまうのです。

胃下垂の治し方は骨盤底筋の強化

そんな内臓下垂のドミノ倒しを引き起こす胃下垂の治し方を見ていきましょう。胃下垂の治し方は、骨盤底筋の強化することがポイント。骨盤底筋は、恥骨から肛門までの骨盤の底に位置するインナーマッスルです。

胃下垂の治し方は、まず両ひざを肩幅に開いて、つま先同士を合わせて両ひざ立ちの姿勢をとります。骨盤底筋群をお腹のほうに引き上げるイメージでキュッと引き締めた状態で一度息を吸ったら、背筋をまっすぐにキープしたまま、息を吐きながらお尻をゆっくり後ろに引くのです。

そして、お尻を引いたまま息を吸ったら、息を吐きながらお尻をゆっくり前に引き上げていきます。背筋がまっすぐに起き上がったら、お尻をグッと内側に締めて1回です。これを10回を1セットにして、2セット行うのが目安です。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事