ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法

ドローインとは「息を吸う・引っ込める」という意味の英語です。このドローインの効果で内臓下垂を解消、激しい運動ナシで痩せてしまおうというのがドローインダイエットです。このドローインを行うと腹横筋が鍛えられるため、効果的に痩せることができます。



スポンサーリンク
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法

ドローインは肛門を締めると効果的

ドローインのやり方は、常にお腹をへこませた状態で呼吸を行う胸式呼吸に近いイメージです。まずはドローインは立った状態、または仰向けに寝た状態で行いましょう。

背筋を伸ばしたら胸を張って、息をゆっくり大きく吸い込みます。お腹はへこませたまま、胸を膨らませるようにたくさん息を吸い込んでください。そして息をゆっくり吐きながら、さらにお腹をへこませるのです。

このとき、肛門を締めるイメージでお尻にも力を入れると効果的。お腹をへこませたまま、浅い呼吸をできるだけ長くできるようにがんばりましょう。ドローインしている時間がまず10秒になるよう目指します。慣れてきたら、ドローインの時間を20秒、30秒と徐々に延ばしていきます。

ドローイン効果で痩せられる理由

ドローインでは、息を吐くときに「丹田」を意識するとより効果がアップします。丹田は気の集まる場所とされていて、へその7cmほど下にあります。丹田に向かって腹圧をかけるように、ドローインするのが効果的です。

ドローインで鍛えられるのは、お腹周りのインナーマッスルである腹横筋。天然のコルセットとも呼ばれていて、ドローインによってお腹をへこませた状態を形状記憶させます。

この腹横筋の働きによって、内臓下垂が解消。下がって骨盤に溜まって横にせり出していた内臓が、元の正しい位置に戻るのです。これがドローイン効果で痩せられる理由です。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法

■「内臓下垂」おすすめ記事
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
腹筋インナーマッスルで内臓下垂を解消する方法

■「痩せる」おすすめ記事
食べて痩せるラム肉を使った代謝アップ料理
ハイボールダイエットは糖質制限の原理で痩せる
インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せる3ステップ
汗腺を鍛えて痩せる汗にすればダイエットできる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事