ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方

加齢とともにウエスト周りにお肉が付いてしまう「ぽっこりお腹」。ぽっこりお腹はじつは臓器が全体的に下がってしまった「内臓下垂」におもな原因があるのを知っていましたか? 逆に臓器を支える筋力を強化すれば、ぽっこりお腹はビックリするくらい簡単に解消できるのです。



スポンサーリンク
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方

ぽっこりお腹の内臓脂肪はすぐ落ちる

ぽっこりお腹の原因は「内臓下垂」と、それを包み込む腹腔内に蓄積された「内臓脂肪」です。

とくに「内臓下垂」は、内臓を支えるインナーマッスルの筋力低下によって、胃や腸が本来の位置から骨盤のところまで落ちてしまっている状態。内臓下垂によってお腹の臓器が全体的に下に寄ってしまうため、どうしてもウエスト周りが太くなってしまっているのです。

一方の「内臓脂肪」は、皮下脂肪と対となる体脂肪のこと。皮下脂肪と違って、内臓脂肪は食べ過ぎると増えるし、少し運動すれば落ちるという性質を持っています。このため、落とす気になればすぐに落ちる脂肪です。

内臓下垂がぽっこりお腹の原因

ぽっこりお腹を治すインナーマッスル

その意味で、ぽっこりお腹を解消しようと腹筋運動だけをするのは間違いです。内臓脂肪の燃焼には多少の効果を発揮するでしょうが、内臓下垂を治す腹筋のインナーマッスル強化には結び付きません。

腹筋のインナーマッスルを鍛える方法は、普通の筋トレとはちょっと違います。それは「息を吐き切ってできる限りお腹を凹ませた状態をキープ」することで強化されるのです。時間にして30秒ほどでOK。これを気が向いたときにやるだけで効果が現れます。

イスに座ってやるなら、骨盤を寝かすように意識するとよいでしょう。お腹をやや後ろに引いた状態です。下腹部、お腹の中段、胃のあたりを自分で触ってみて、固くなっていることを確認してください。


スポンサーリンク

ぽっこりお腹をスピーディに解消する

初めのうちは、息を止めて行うので30秒くらいが限界でしょう。慣れてきたら、お腹を凹ませたまま呼吸するようにしてください。すると、キープする時間を1分くらいまで伸ばすことができます。そうすることで、ぽっこりお腹を解消するインナーマッスルがますます強化されるのです。

さらに腹筋のインナーマッスルを強化したい人は、お風呂で体を洗うときにお腹を凹ませましょう。体を洗うときは上体をねじったり折り曲げたりと、腹筋にさまざまな方向から負荷がかかります。このときにお腹を凹めることで、効果がアップするのです。

やってみるとわかりますが、立って行うよりもかなり負荷の高いトレーニングになります。ぽっこりお腹をスピーディに解消したい人は、ぜひトライしてみてください。

ぽっこりお腹を徹底的に鍛える方法

ぽっこりお腹をもっと早く徹底的に鍛える、より負荷の高いインナーマッスルのトレーニング方法があります。お風呂でお腹をへこませた状態をキープしながら、上半身をさまざまな方向に動かすのです。

イスに浅めに座って背筋を伸ばしたら、腰に手を当てて胸だけを左右に動かして20往復。次に、胸を前後に動かして20往復します。そして、胸を前・右・後ろ・左と時計回りに2回転したら、反時計回りに2回転させてください。

今度は、上半身を左右に倒す動きを20往復します。最後は、背骨を軸に上半身をひねって20往復したら終わりです。お風呂で体を洗ったあとなどに、風呂用のイスに座って行うとよいでしょう。

■「インナーマッスルでやせる」おすすめ記事
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法

■「インナーマッスル」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事